スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

被爆者に「死に損ない」 横浜市公立中学生

記事拡散にご協力を!
ググって来た方も、ポチッとお願いしますm(_ _)m

↓↓↓↓↓↓↓


修学旅行生、被爆者に「死に損ない」 横浜の中学校謝罪
------------------------------------------------------------------------
修学旅行で5月に長崎市を訪れていた横浜市の公立中学校3年の男子生徒5人が、被爆遺構を案内していた被爆者で語り部の森口貢(みつぎ)さん(77)=長崎市=に「死に損ない」などと暴言を吐いたり、やじを飛ばしたりしていたことが分かった。

森口さんは学校に抗議し、校長が電話で謝罪した。

 森口さんは原爆投下後に長崎市中心部に入り、入市被爆をした。

小学校の教諭を退職後、1998年から被爆遺構の案内や講話をしている。

現在は「長崎の証言の会」の事務局長を務め、案内や講話の回数は年100近いという。

 森口さんや学校によると、3年生119人が5月27日、長崎市を訪れ、証言の会の会員9人が班ごとに被爆遺構を案内した。

 森口さんは10人ほどを爆心地から600メートルほどの山里小学校へ案内。

原爆で多くの児童が亡くなった話を始めようとした際、この班とは別行動をしていたはずの男子生徒5人が近づいてきて、うち数人が「死に損ないのくそじじい」と大声を上げた。

森口さんは話を聞くよう注意したが、5人は周りの生徒に向けて「笑え」「手をたたけ」などとはやし立てた。

男性教諭も注意したが暴言は続き、山里小では案内ができなかったという。

 森口さんは翌日、「たいへん悲しいことでした。多くの被爆者の方に申し訳なく、つらい時間でした」と記した手紙を校長に郵送。

返信がなかったため、今月3日に学校へ電話すると、校長から「すみませんでした」と謝罪されたという。

 校長は取材に対し、森口さんらと最初に対面した際、男子生徒の一人の態度が悪く、森口さんから「出て行け」としかられた経緯があったと説明。

暴言について「逆恨みをして言ったのだろうが、許される言葉ではなく反省を促したい。

十分な指導ができず申し訳ない」と話した。

今後、生徒の感想文とともに校長の謝罪文を森口さんに送るという。

------------------------------------------------------------------------

生徒は言うまでもないが、教諭も校長も日本人らしくない大変残念なメンタリティーの持ち主である。

問題が発覚するまで、教諭もひたすら隠蔽しようとしたのだろう。

校長も性根が腐っている。

事実を確認した時点で、直接謝罪に赴くべきだ。

神奈川県と言えば、日教組加入率が全国第三位、横浜市は90%近い加入率と言われている。

2014y06m07d_191634647.jpg

この90%というのは信頼できるソースがないので何とも言えないが、あながち的外れな数字ではないだろう。

戦後の教職員達は日教組によって洗脳された結果が今の堕落した社会を作った
------------------------------------------------------------------------
それに横浜市と川崎市は日教組の加入率が90%以上と聞く。

その影響か、全国でも毎年、政令都市で校内暴力が横浜市がトップ、その次が川崎市。

それにいじめ問題が出てくる。ついには体たらくな学校の為に優秀な生徒を死に追い詰めてしまった責任は大きい。

川崎市の教職員の中には素晴らしい教師はいるとは思うが、全国の政令都市の中で校内暴力は毎年上位と云う事は、学校で働く教職員に問題がある。

------------------------------------------------------------------------

私が子供の頃は、まだまだ体罰と言う物はあった。

そこに愛があったかと問われれば、「そんなものは無かった」と胸を張って答えられるようなヒステリックな教諭による体罰が多かったが、それでも大人とは時には理不尽な行動をする生き物だと、子供心に感じていた。

だが、お陰で社会に出てからの世の中の理不尽さに対する抵抗力は培われたと思う。

最近の教師達のメンタリティーの劣化は目を覆うものがあり、わが子の通う中学校の教諭など、中学生と変わらない程度の物の考え方しか出来ないほど精神的に幼い。

公に自分の都合を生徒に押し付けて憚らないような教諭が増えている。

やはり日本の教育現場に必要なのは、「教育勅語」のような道徳観だろう。

2014y06m03d_205234747.jpg


校長にも教諭にも生徒にも、これを守らないような奴には・・・

鉄拳制裁

が必要なのである。

~追記~

騙された!

爺は詐欺師だったようだ。

長崎語り部に「死に損ない」修学旅行の横浜の中3生・語り部の森口貢はエセ被曝者の反日糞爺だった
------------------------------------------------------------------
私も、最初は「トンデモナイ糞餓鬼が居たもんだ」と思った。

しかし、いろいろ調べると、中学生から「死に損ないのくそじじい」と叫ばれた語り部の森口貢は、【反日「語り部」詐欺師】の正真正銘の糞爺(くそじじい)だったことが判明した。

まず、森口貢は、「被曝者」でも「被爆者」でもなかった。
------------------------------------------------------------------

爺も校長も教諭も生徒も、全て鉄拳制裁という事で。

記事拡散にご協力お願いします。
ポチッとお願いします。

↓↓↓↓↓↓↓
スポンサーサイト

tag : 教育勅語 日教組 鉄拳制裁

2014-06-07 20:00 : 日教組 : コメント : 3 : トラックバック : 1 :
ホーム  次のページ »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。