スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

「中国軍機関紙」軍事力で日本を圧倒しなければならない!

ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。

↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ


安倍首相の靖国参拝から日本の核武装を警戒せよとの「中国軍機関紙」の記事に対する報道です。

中国軍機関紙「日本に核武装の兆し」
-----------------------------------------------------------------------
中国軍の機関紙『解放軍報』が、新年早々「日本の核兵器生産能力は米国に匹敵する水準」だと主張し、日本の核武装の可能性に懸念を表明した。「日本の核武装の兆しがはっきりした」というのだ。

『解放軍報』は1日、「2013年世界核兵器動向分析」という記事で「日本が保有する6つの『使用済み核燃料再処理施設』は、毎年9トンの兵器級プルトニウムを生産する。これは、2000発の核兵器を作ることができる分量」と伝えた。生産能力だけでいえば、米国並みのレベルだという。同紙は「日本は既に、50万-100万トン(500キロトン-1メガトン)級の核爆発装置2-5個を秘密裏に生産したか、もしくは製造中の可能性がある。これは(核兵器の)数量だけでなく威力の点でも、北朝鮮・イラン(の核能力)とは比較し難いという意味」と指摘した。しかし、ある専門家は「国内外から監視とけん制を受ける日本の核能力がこれほどの水準まで至ったというのは、根拠の薄い主張」と語った。

北京の外交消息筋は「安倍首相が靖国神社を参拝するなど、極右的な動きを示している状況で、中国が日本再軍備の危険性を警告するため、核開発の可能性を取り上げたとみられる」と語った。

中国共産党の機関紙『人民日報』は2日の論評で、安倍首相の祖父で戦犯でもあった岸信介元首相の行跡に言及し「安倍首相は、祖父のDNAを受け継いだ」と主張した。中国国営の「中国新聞網」も2日「安倍首相が年頭所感で言及した『強国』とは再軍備を、『新国家』とは平和憲法の改正を意味する。これは中国を念頭に置いた措置で、北東アジアの平和を脅かす措置」と主張した。

中国が実際に日本が核武装する可能性を恐れている面もある。地域覇権国になるためには、軍事的優位が欠かせない。北京のある消息筋は「中国の通常戦力が日本を圧倒できない状況で、日本が核兵器まで保有した場合、中国はアジア覇権戦略を修正すべきかもしれない」と語った。特に、米国が対中けん制のため日本の核武装すら見逃すという可能性を恐れている面もある。

これに関連して、自民党の石破茂幹事長は、かつてあるインタビューで「(再処理により)一定期間内に核兵器製造が可能になるので『潜在的核抑止力』になり得る」と語ったことがある。しかし、実際に核兵器を開発するのはまた別の問題だ。青森県六ヶ所村などの再処理施設には、国際原子力機関(IAEA)の要員が派遣されている。また、核武装のためには改憲が欠かせないが、現在のところ必要な議席(衆参両院の3分の2)の確保は容易ではない。国民も、世界唯一の被爆国ということに加え、福島第一原発の事故により、核兵器に対する反感は強い。日本の日刊紙のある論説委員は「国民感情を考慮すると、核兵器の保有は空想小説に過ぎない」と語った。

一方、米国・日本など西側諸国は、中国の核能力増強に疑いの目を向けている。「中国は核保有国の中で唯一、核能力を増大させている」という。中国は先月、米国本土を直接攻撃できる新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)「東風41(DF41)」と、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)「巨浪2(JL2)」の試射を相次いで実施した。DF41は射程が1万4000キロに達し、最大10個の核弾頭を搭載できる。中国国営の『環球時報』は「DF41は中国の戦略核能力を大きく引き上げるだろう」と記した。
-----------------------------------------------------------------------
中国が何をしたいかが良く分かる記事ですよね。
通常兵力で日本を圧倒出来ないから、核兵器で圧倒する為、核能力を増大させているんだそうです。

日本を軍事力で圧倒する目的は何かと言えば、中国の「アジア覇権戦略」の為らしいですが、日本を軍事力で圧倒しなければ実現出来ない「アジア覇権戦略」とは何でしょう?

つまり尖閣諸島で起きている問題の事ですな!
軍事力をチラつかせて他国の領土や資源を掠め取る、もしくは奪い取る事が目的だと言う事です。

そして現在進行形で増大し続けている中国の2013年の国防費は10兆6,800億円であり、日本の4兆8,600億円の2倍以上となっています。

先日都知事選への出馬を表明した田母神氏によると「既に中国の物理的軍事力は日本よりも上」なのだそうです。

この動画の中で田母神氏はこのような趣旨の内容を語っています。
-----------------------------------------------------------------------
20年前までは航空自衛隊・海上自衛隊共に圧倒的に戦力は中国に勝っていた。
中国がひたすら軍拡に進む中で、日本は軍縮の道を歩んできた。既に物理的な軍備の面ではやや日本を上回っているが、まだ練度や兵器の運用の面で遅れがある。
戦闘機の能力は現在飛行性能よりも、レーダーなどによる情報収集能力が物を言う時代であるが、質としてはまだ日本の方で上である。しかし日本も軍事費をつぎ込んで質を高めなければ、中国に質でも追いつかれるだろう。
今のところ中国の戦闘機には、燃料の問題で沖縄周辺での空対空戦闘をする能力はない。

しかし、中国は2020年までに空母を4隻(2隻は原子力空母)を持つと宣言している。
それが実現すれば中国の空母が沖縄周辺海域に出没するようになり、日本としては沖縄に戦闘機を集中させざるを得ず、那覇と嘉手納基地だけでは滑走路が足りなくなる為、日本も空母を持つ必要が出てくる。
今後10年程度で中国が沖縄周辺の海域の制空権を握るだけの力を持つ恐れがあり、そうなってから日本が対応したのでは遅い。今から準備をしてそうならないようにすべきである。

外交交渉とは、軍事力を背景に行うものであり、攻撃してこないと分かりきっている相手の要求は無視し続ければ良い。日本はそう思われている。

韓国空軍と比較してもアメリカは日本に売った物より若干性能が上の戦闘機を韓国に売っている為、うかうかしていると韓国空軍にも勝てない状況となる。そしてアメリカは兵器を上手に売り捌いているのである。
しかるに戦闘機やイージス護衛システムは、自国で開発すべきなのである。いざと言うときに動かないではお話にならないのである。アメリカの戦闘機を使用するという事はアメリカの技術支援がなければ戦闘機が動かせないのである。

という事はアメリカの機嫌を決定的に損ねるような事態を引き起こした場合、日本はアメリカの技術支援を止めると脅され、言う事を聞かなければならなくなる。対等な外交が出来ないのである。日本は武器輸出三原則を撤廃し、アメリカと対等な外交が出来るようになるべきである。
-----------------------------------------------------------------------
どうでしょう?
色々な考えの方がいらっしゃると思いますが、このような事実を踏まえるとやはり日本の軍拡は避けられず、核武装も必要であると思いませんか?

田母神氏は、「日本は周辺にふざけた事ばかりしている国があっても軍事力を使わないと公言している国であり、普通の国であれば、ふざけた事ばかりしているとブン殴るぞ!となる訳ですが、日本の場合は、ふざけた事ばかりしていると話し合うぞ!という国である」と評しています。

さて、日本の周辺にはふざけた事ばかりしている国が多く、そしてそれらの国々は日本の主張を無視し続けています。

そして皆さんに聞きたいのです!
1.中国の軍拡は日本や周辺諸国を脅かし、自国の要求を呑ませる為に存在する
これに異論はないですよね?

2.田母神氏の言っている事は眉唾か?
元航空自衛隊幕僚長の分析が間違っているなどと思いますか?

1と2が間違っていないと思うならば、どうすべきでしょう?
平和が何よりも大切だから、軍拡しないで中国のやりたいようにやらせますか?

3.そしてアメリカに常に首根っこを掴まれた状態で、アメリカの都合を押し付けられながら、日本が中国とまともな対話が出来ると思いますか?

出来る訳がないでしょう?

ならば田母神氏の言うように日本は軍拡・核武装・自国での戦闘機とイージスシステムの開発・武器輸出三原則を撤廃を即時検討すべきなのではないでしょうか?

応援お願いします。
↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

tag : 中国 軍事力 日本 韓国 戦力 比較 イージスシステム 空母

2014-01-05 19:00 : 中国 : トラックバック : 0 :
« next  ホーム  prev »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。