スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

米が「日本は中韓に詫びろ・・・」だと?

ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。

↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ


米紙ウォールストリート・ジャーナルによると米政府は日本政府に対し、安倍首相が靖国神社を再度参拝しない事の確約を求めているようだ。

「米政府、安倍首相の靖国不参拝確約など要請」「おわび」の再確認も 米紙が報道
「日本は、アメリカ様の為に過去の侵略と植民地支配に対して、中韓に詫びろ!これ以上中国と韓国を苛立たせたらオレ様がめんどうな思いをしなきゃいかんのだ!靖国と従軍慰安婦の件で早く詫びろボケカス!」

全く自国の事しか考えていないジャイアンのような国である。
こういう点では中韓と変わらない。
中韓のようにあからさまに嘘とバレる事は言わないだけで、やっている事は大差はないのだ。

しかし、一応日本人の国民感情を逆撫でするようなやり方は控えている。
その辺りの立ち回りはちょっと違う。

一方でオバマ政権で2011年3月まで国務省日本部長を務めたケビン・メア氏は、米側の参拝非難者をこう指摘している。

米側にも靖国参拝への理解 ワシントン・古森義久
-------------------------------------------------------------------------
「首相が参拝の意図について述べた非日本人をも含む戦死者への心からの追悼、平和や不戦の誓い、過去の戦争への反省、戦犯への敬意の否定などをすべて無視するのは、首相を極右の軍国主義者だとする自分たちの勝手な断定にとって都合が悪いからだ」
「米側の反対論者は、自分たちの命令に首相が服従しなかったことに憤慨したようだが、そもそも傲慢な態度だ。私はこの種の人たちに、もう靖国は忘れ、アジアでの米国の真の利害を考えることを勧める。米側がみるべきは首相のこの1年の実績だ。防衛費を増やして米国の負担を減らし、アジアでの脅威に現実的な対応を取り始めたのだ」

「(オバマ政権の主張する)アジアでの緊張は靖国ではなく、中国の軍拡や挑発によって高まっている。尖閣での軍事的行動で日本を脅しているのは中国なのだ。だが、それを日本のせいにする中国のヒステリーにワシントンの専門家の一部も同調している。日本の軍国主義化などという非難は日本の防衛の金額や内容をみれば、まったく非現実的だとわかる」

 「首相は日本をより民主的な、過去の過ちを認め、祖先を尊敬し、きちんと戦死者を悼む国家にしようとしている。中国にはそうした方向への動きはない。中国こそが軍国主義的で挑発的なのだ。首相の靖国参拝に、もし失敗の部分があるとすれば、中国側のこの実態を隠すためのヒステリックな主張に弾薬を与えたことだろう」
-------------------------------------------------------------------------
どうも今のオバマ政権は東アジア情勢の表面しか見えていないように思える。
アメリカってこんなのにアホな国になったのか…。

いや、アホになった訳ではない。
年末から言動が一貫していないし、政権内でもかなり東アジア政策に関しては揉めているのだろう。

オバマ大統領と軍の関係もよろしくない。
確実に弱っているのである。

間違いなく言えることは、日本の国民感情が激化する事を恐れている。

その証拠に昨日こんな声明を出した。

首相の靖国不参拝に「保証求めた」との米紙報道は「不正確」 米国務省
-------------------------------------------------------------------------
米国務省のサキ報道官は27日の記者会見で、米政府が日本政府に対し、靖国神社を安倍晋三首相が再び参拝しないとの保証を非公式に求めているとの米紙報道について、「不正確だ」と否定した。

ウォールストリート・ジャーナル(電子版)が23日に報じたもので、報道内容について、サキ氏は「われわれは、扱いに注意を要する諸問題について、日本や日本の隣国が建設的に対話を通じて対処するよう望んでいると常に表明している。非公式な保証を求めているというのは不正確だ」と述べた。(共同)
-------------------------------------------------------------------------
しかし今後アメリカが中韓を気遣い、日本に自制を求め続ければどうなるだろうか?

ほとんどのメディアは大喜びで「アメリカ様が本気で怒った。大変だ!」とやるだろう。
しかし、今は日本人の怒りの矛先は中韓に向かっているが、アメリカがあまり嘗めたマネばかりしていると、確実に矛先はアメリカに向かうようになる。

左翼ではなく、保守層の反米感情が表立って出てきた時にアメリカはどういう反応をするだろうか?
ここが今後の重要なポイントになってくるのである。
ひょっとすると、今はケネディ大使のイルカ発言などで、日本国民の対米感情の動きを探っているのかも知れない。

日本は衰退する大国に媚びへつらい依存するのか、毅然とした態度で「黒いものは黒!」というのか。
重大な運命の分岐点になるだろう。

日本がヨーロッパやアフリカ、アジアでどう思われているか?
中国や韓国がどう思われているか?

少し自分で情報をとってみれば分かる。

現時点ではお話にならないくらい、日本の評価の方が上である。

それでもアメリカに頼り続けますか?

そして緩やかに日本人の誇りと精神を忘却して行きますか?

日本国民の気概に期待したい。

応援お願いします。
↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

tag : アメリカ 従軍慰安婦 謝罪 要求 保証

2014-01-29 09:00 : アメリカ : トラックバック : 0 :
« next  ホーム  prev »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。