スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

自業自得 韓国航空会社が日本線運航中止へ 崩壊のシナリオへまた1歩

ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。

↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ


今般の円安と日本国民の嫌韓国感情の高まりにより、韓国航空会社が日本線運行中止に踏み切った。

円安ショック 韓国航空会社が相次いで日本線運航中止へ
-------------------------------------------------------------------
【ソウル聯合ニュース】韓国アシアナ航空と大韓航空が円安による収益悪化を理由に一部日本路線の運航を中止する。

航空業界によると、21日からアシアナ航空が釜山-大阪線(1日2往復)の運航を中止する。既に国土交通部から運航中止を承認されたという。

アシアナ航空の関係者は「日本路線は全般的に収益が減少している。路線の再編過程で運航中止を決めた」と話している。

一方、大韓航空は来月30日から仁川-静岡線(週3往復)の運航を中止する。同社関係者は「完全に運航をやめるわけではない。今後、需要が回復すれば再開する」と説明する。

両社は昨年、円安による日本人観光客の減少や韓国人の放射能に対する懸念、韓日関係の悪化などで一部路線の運航を中止したり減便したりしている。

大韓航空は昨年3月に仁川-長崎線の運航を中止。10月からは岡山、新潟、小松線の運航回数を減らした。アシアナ航空も仁川発の仙台線、静岡線を減便している。

両社は昨年、中国や東南アジアなど大部分の路線で乗客を増やしているが、日本路線については減少した。

大韓航空の日本路線の乗客は昨年、前年比15.4%減の約391万6000人。アシアナ航空も日本路線の乗客が前年比で5.5%減った。

乗客の減少や格安航空会社(LCC)との激しい競争で両社の収益性は大幅に悪化している。大韓航空アシアナ航空は昨年、それぞれ176億ウォン(16億7200万円)、112億ウォン(10億6400万円)の営業損失を出している。

収益改善の一環として、大韓航空は5月から米ヒューストンに新規就航する。またニューヨーク線に超大型旅客機エアバスA380を投入して1日1往復から2往復に増便するなど米国路線のてこ入れを図る。
-------------------------------------------------------------------
これは韓国紙の報道であるが、「円安ショック」よりも本当は嫌韓国感情の高まりが大きい事を理解していないのか隠しているのか…。

ちなみに韓国から日本への訪問客は前年比120.2%と大幅に増えている。
にも関わらず、大韓航空の日本路線の乗客がマイナス15.4%という事は、韓国への日本人客は20%以上減っているという事だ。

2013年度の日本から海外への出国人数は17,473,000人で前年比の94.5%である。
海外旅行全体では大して減ってはいないのである。

貴方達がふざけた事ばかり繰り返すので、関わりたくないだけなのだ。

一方で日本への海外からの訪日客数は10,363,900人で前年比24%増だった。
主に東南アジアからの客数増である。

韓国観光減

つまり韓国への観光客は、日本からだけでなく、アジアからも日本への流れが強まっている為、減っているのだ。

一言で感想を述べるのであれば「ざまあみろ!」という表現が妥当である。
韓国は日本の支援がなければ自立できない国家である事を、彼の国の官民が強く意識する時が迫っている。

そしてどうにもならなくなる寸前に、彼らが土下座外交を始めたら、その時は慰安婦・靖国・教科書・竹島など全ての問題を譲歩させ、にっこり手を差し伸べてやれば良いのだ。

応援お願いします。
↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

tag : 韓国 観光客 大韓航空 アシアナ

2014-02-10 09:00 : 韓国 : トラックバック : 0 :
« next  ホーム  prev »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。