スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

中国とロシアが尖閣周辺海域で合同軍事演習

記事拡散にご協力お願いします。
ポチッとお願いします。

↓↓↓↓↓↓↓


中国ロシアを巻き込んで尖閣諸島周辺海域で圧力を強めている。

急接近する中露…尖閣諸島近海で合同軍事演習
--------------------------------------------------------------------
中国ロシアが尖閣諸島(中国名・釣魚島)付近で合同軍事演習を行うことにした。露骨に日本を狙ったとみられる。習近平国家主席がロシアのソチ冬季五輪開幕式に出席してから出された初めての両国の協力措置だ。中ロがパートナー関係を超えて同盟関係構築段階に入り込んだという分析が出ている。

人民網など中国メディアは25日、中国ロシアが5月末から6月初めまで東中国海北部海上と上空で「中ロ海上連合2014演習」を実施すると報道した。今回の演習のため最近ロシアの太平洋艦隊代表団が北京を訪問し、中国軍代表と演習計画に対する協議を終えたと人民網は伝えた。両国の合同演習が尖閣諸島が位置した東中国海で行われるのは今回が初めてだ。ロシア東部軍区司令部関係者は、「演習は有事の際に太平洋に進出する海上通路確保のためミサイルと実弾を発射し実戦のように行われる」と紹介した。今回の演習に参加する両国の兵力規模は公開されていないが、過去最大規模になると予想される。

これは中国と日本が尖閣諸島をめぐって武力紛争が起きる場合、ロシアが中国を助けるという意味ともみられ、日本だけでなく米国の強い反発が予想される。また、ロシア太平洋艦隊は韓国と日米の軍事力に対応するために創設されたとされ、韓半島情勢にも相当な影響が予想される。

昨年両国はロシア極東ウラジオストクに近いピョートル大帝湾海上で8日間にわたり合同演習をしたが、両国から18隻の水上艦と潜水艦1隻などが参加し武力を誇示した。当時は北方領土をめぐりロシアと日本が衝突する場合には中国がロシアを助けるというメッセージを伝えたと分析され日本が反発した。両国は2003年から合同演習を始め、これまで10回余り演習を実施した。今年に入ってからはすでに1月に地中海で合同演習をしたのに続き下半期には中国内で対テロ演習まで予定されており、少なくとも3回以上合同演習を実施する。事実上同盟水準の軍事協力というのが軍事専門家らの分析だ。

両国の首脳間交流もやはり同盟水準だ。習主席のソチ訪問に対するプーチン大統領の答礼訪問は5月に国賓訪問形式で行われると香港の文匯報が26日に報じた。両首脳は現在全面的戦略的協力関係である両国関係を一段階格上げさせることを議論すると分析される。韓国と中国は中ロ関係より下の戦略的協力パートナー関係だ。昨年3月の習主席就任以降両国首脳は1年余りの間に6回も会っているが、これは両国関係で初めてのことで、国際社会でも極めて異例なことと受け止められている。

中国の李克強首相とロシアのメドベージェフ首相の会談も下半期にロシアで行ない両国の経済協力を大幅に拡大する方策を議論する予定だ。これに両国は今年と来年を青少年交流の年と定め数百種類のプログラムを進行中のため全方向的協力が強化されている。

軍事専門家の胡思遠氏は、「今回の演習は中国とロシアの軍事協力が同盟に近い軍事提携段階ということを証明するものであり、これは米国と日本の同盟強化に対応するという明確なメッセージだ」と分析した。
----------------------------------------------------------------------
ソチオリンピックでの日露会談で対日共同戦線の合意を果たした中露が、早くも軍事力を背景とした直接的な圧力を日本に掛けて来るのである。

これだけ緊迫した状況に置かれた日本であるが、集団的自衛権の解釈見直しについて、民主党がふざけた遅延行為を行っている。

民主、集団的自衛権の解釈変更に反対 見解まとめるも「変更の余地否定せず」と曖昧
----------------------------------------------------------------------
民主党は27日、憲法と安全保障の両総合調査会合同総会を開き、安倍晋三首相が意欲を示している集団的自衛権の行使容認に向けた憲法解釈の見直しに反対する党見解をまとめた。

見解では「内閣が便宜的、意図的に従来の解釈を変更するのは立憲主義に反し、許されない。集団的自衛権の行使一般を容認する解釈に変更することは許されない」と明記した。

ただ、「(解釈を)変更する余地があることは否定しない」とも記し、解釈変更を容認する党内の保守系議員に配慮した曖昧な内容となった
----------------------------------------------------------------------

憲法解釈変更は「ナチスの手口」 民主・小西氏の指摘に自民が猛反発
----------------------------------------------------------------------
民主党の小西洋之氏が参院憲法審査会で憲法解釈変更によって集団的自衛権の行使容認を目指す安倍晋三首相を「ナチス」に例えて批判し、審議が紛糾したことが27日、分かった。

小西氏は26日に開かれた審査会で「憲法9条をどう頑張ってみても解釈変更の余地すらない。(解釈変更は)憲法規範の存立に関わる問題だ。ワイマール憲法があっても世界史に例のない人権弾圧、蹂躙を繰り広げたナチスの手口そのものだ」と批判した。

これに対し自民党の赤池誠章氏は「ヒトラーと結びつけて首相を批判することは取り消していただきたい」と反発したが、小西氏は「首相とヒトラーを同一視する趣旨の発言は一切していない」と発言撤回を拒否。小坂憲次会長(自民)が「個別の応酬もある程度の枠の中でお願いしたい」と議論を引き取った。

小西氏は昨年3月の参院予算委員会で、首相に憲法の条文に関する細かい質問を繰り返し、首相から「クイズのような質問は生産的ではない」とたしなめられた過去がある。
----------------------------------------------------------------------

どれだけ平和ボケなのか、理解に苦しむ行為である。

ロシアは日本を嘗めているのであり、中露の軍事的圧力には、軍事力でのみ対抗が可能である。

中国のみならず、ロシアに対しての戦争抑止力は通常戦力のみでは機能しないだろう。

集団的自衛権の解釈見直しを早急に実行し、北京とモスクワに向けて核ミサイルを配備しなければ、この中露の蛮行を抑止する事は不可能である。

かつての弱腰日本ではない事を思い知らせなければ、日本は永久にロシアに嘗められ続けるだろう。

拡散お願いします。
↓↓↓↓↓↓↓



【真正保守ならば、維新政党・新風支持を!】

tag : 中国 ロシア 尖閣周辺海域 合同軍事演習

2014-02-27 20:30 : 中国 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。