スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

アメリカの喉元にナイフを突きつけるロシア ウクライナ情勢

記事拡散にご協力お願いします。
ポチッとお願いします。

↓↓↓↓↓↓↓


ロシアの軍事行動は迅速で強力な政府の意思が感じられる。

流石、事実上の一党独裁政府である。

アメリカはヨーロッパと共同で経済制裁を訴える位しか有効な手段を持っていない。
オバマが口ばかりで、決断力が無い事を日本もよく分析しておいた方が良い。

<ウクライナ>オバマ政権最大の外交的試練 露クリミア介入
------------------------------------------------------------------
ロシアによるウクライナ南部クリミア半島への軍事介入は、オバマ米政権にとり2009年1月の政権発足以来最大の外交的試練だ。ロシア包囲網構築に失敗すれば指導力と威信の低下は決定的。「米国は頼れない」との認識が広まれば世界の安保環境は不安定化し、米露間の「新冷戦」とでも呼ぶべき状況が長期化しそうだ。

「弱い声明が侵略を招くことは歴史が証明している」。米有力シンクタンク・ヘリテージ財団のジム・デミント所長は1日、対露制裁網構築の主導をオバマ大統領に求める異例の声明を出した。各国への影響力が減衰したことへの強い危機感の反映だ。

オバマ大統領はシリア内戦対応で化学兵器使用を「レッドライン(越えてはならない一線)」と繰り返したが、使用確認後は軍事介入の是非で迷走。最後はロシアのアサド政権への影響力に頼った。

仲介する中東和平交渉は停滞し、イスラエルやサウジアラビアではオバマ政権のイラン接近への不満が激化。アジア太平洋重視戦略も英軍事専門誌「ジェーンズ・デフェンス・ウィークリー」は「意味不明」と批判する。

プーチン露大統領は今回、オバマ大統領が「軍事介入には代償が伴う」と警告した翌日に対ウクライナ武力行使容認をロシア上院に求めており、オバマ大統領のメンツは丸つぶれだ。

一方、米国のロバート・ゲーツ元国防長官は2日、ロイター通信に「プーチン氏はシリア化学兵器問題でもイラン核問題でも必要」と述べ、重要外交分野での米国の「ロシア頼み」の側面を指摘した。ウクライナ対応でロシアに振り回されているとの印象の拡大は、中国などの挑発的外交姿勢につながりかねない。

------------------------------------------------------------------

しかもロシアはキューバに駆逐艦を入港させていると言うのだから、アメリカを押さえ込む手はずは万端なのである。

ロシア軍艦がキューバに、入港の事実伏せる異例の事態
------------------------------------------------------------------
(CNN) ロシア海軍の戦闘艦船1隻が2日までに、キューバのハバナ港に停泊していることがわかった。キューバ政府は同艦の入港の事実を発表しない異例の事態ともなっている。

対空ミサイルや30ミリ機関砲などで武装する同艦のキューバ寄港は、フランス通信(AFP)が最初に報じた。

同艦の寄港の目的などもわかっていない。キューバは米南部フロリダ州マイアミから約322キロ離れている。

旧ソ連はかつて、反米路線の共産党統治が続くキューバに大規模な軍事、財政支援を行った。

米国とロシアは現在、混迷するウクライナ情勢をめぐり軍事介入などの是非で対立を強めている。

------------------------------------------------------------------

これは核ミサイル搭載の原子力潜水艦も周囲の海域に展開していても全く不思議は無いと考えられる状況である。
アメリカが軍事介入しようものなら、本土に核攻撃を加える事も可能であるとのアピールに見える。

つまり、アメリカは既に喉元にナイフを突きつけられているのである。
アメリカが頼れないという認識は既に世界に広まっており、それを計算してのロシアの軍事行動である。

アメリカの権威も地に落ちたものだ。

今後、日本も「アメリカの機嫌を損ねるから~~してはいけない」などという主張は、アメリカの世界における影響力を考えれば妄言と捉えられても仕方が無い。

日本に必要なのは「アメリカに頼らなくても困らないように~~しなければならない」なのである。

しかし、日本は結局欧米に追従させられてしまうのだ。

G7がロシアへの非難声明 ウクライナ情勢
------------------------------------------------------------------
ウクライナ・キエフ(CNN) 日米など主要国首脳会議(G8)のメンバーのうち、ロシアを除く7カ国(G7)は2日、ロシアによるウクライナへの軍事介入を非難する声明を発表した。

声明で、ロシアが「ウクライナの主権と領土の統一を侵害しているのは明らか」と非難。6月にロシア南部ソチで開催予定のG8サミットの準備については、活動を一時停止するとした。

カナダは駐ロシア大使を召還した。

米政権高官によれば、ロシアの地上軍と海軍合わせて6000人がクリミア半島に投入されている。

軍の規模でみると、ロシアがウクライナを圧倒している。

情報サイト「ユーロパ・ワールド」によれば、2012年の人員規模はロシア軍が84万5000人なのに対してウクライナ軍は13万人。軍事情報誌ジェーン・ディフェンス・ウイークリーによれば、12年の防衛費はロシアが780億ドル、ウクライナは16億ドル。

------------------------------------------------------------------

自国の国益と大きく関わらないウクライナ情勢に対して、中国の脅威から日本を守る事に消極的なアメリカの意向を呑むのであれば、それ相応の要求をするのが筋である。

アメリカの対中政策と日本の安全保障問題において、何の要求もせずにこのような声明に日本が合意したのであれば、日本の対米外効力は「ゼロ」と言う事になる。

利己主義なアメリカには、ピンチの時こそ無償で手を差し伸べるのではなく、勿体ぶって日本の国益を最大限に引き出してから協力する姿勢を取らなければ、相変わらず日本はアメリカの犬のままになる。

4月のオバマ来日の時に、オバマ大統領がどういう態度を取るのか?

じっくり観察しなければならないだろう。
記事拡散にご協力お願いします。
ポチッとお願いします。


↓↓↓↓↓↓↓


【真正保守ならば、維新政党・新風支持を!】
2014-03-04 09:00 : ロシア : コメント : 0 : トラックバック : 1 :
日本の自立を阻むものは国内にあり! «  ホーム  » グレンデール 慰安婦像撤去訴訟の行方
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
【ロシア】ウクライナ軍に最後通牒-降伏要求、期限は日本時間正午ーNATO介入は「実効不能」 米指導力の低下、顕著に
【ロシア】ウクライナ軍に最後通牒-降伏要求、期限は日本時間正午ーNATO介入は「実効不能」 米指導力の低下、顕著に ーウクライナはNATO加盟国でないため、ウクライナが攻撃されても、NATOがただちに集団的自衛権に基づく軍事行動を起こすことはできない。 米ホワイトハウスで、ロシアのプーチン大統領と電話で話すオバマ大統領=1日(ホワイトハウス提供・ロイター) ロシア...
2014-03-04 : 10:44 : 草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。