スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

韓国との外交 三歩歩いて二歩下がる 嫌がることを徹底せよ

記事拡散にご協力お願いします。
ポチッとお願いします。

↓↓↓↓↓↓↓


朴大統領、ついに屈服 日米韓首脳会談へ 米政府&韓国世論に外堀埋められ
--------------------------------------------------------
安倍晋三首相との首脳会談をかたくなに拒んできた、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領がとうとうひざを屈した。24日からオランダで開かれる核安全保障サミットに合わせ、日米韓首脳会談に応じる可能性が高まったと、聯合ニュースが報じた。米政府や韓国世論が会談実現を求めるなか、何かと理由を付けて会談を回避し、日本に理不尽な要求を突き付けてきた「ゴネ朴」もさすがに万事休すとなった。

「韓日首脳会談の開催は難しいが、米国の韓日和解の要請や日本の誠意ある態度などを勘案すると、韓米日首脳会談の開催は可能だ」

聯合ニュースは19日、韓国消息筋の話を引用し、会談実現の可能性が「非常に高い」とした。伏線はあった。

安倍首相は14日の参院予算委員会で、慰安婦問題をめぐる「河野洋平官房長官談話」について「安倍内閣で見直すことは考えていない」と答弁した。12日に訪韓した外務省の斎木昭隆事務次官も、慰安婦問題に関する局長級協議に応じる意向を示していた。

韓国消息筋が語った「誠意ある態度」は、こうした一連の言動に他ならない。朴氏も首相答弁を「幸いだと考える」と歓迎していた。

とはいえ、安倍首相は「見直すことは考えていない」と発言しただけで、河野談話の作成過程を検証した結果、問題があった場合に何らかの措置をとることまでは否定していない。局長級協議を開始しても、個人賠償請求権は1965年の日韓請求権協定で「解決済み」という日本政府の立場は変わらない。

それではなぜ、朴氏は首脳会談に応じざるを得なかったのか。

著書『呆韓論』(産経新聞出版)がベストセラーとなっているジャーナリストの室谷克実氏は「米国の圧力だ。韓国は本音では『沈む米国』をバカにしているが、北朝鮮の脅威からは守ってほしい。だから、米国の強い要望をむげにできない」と解説する。

米政府は、オバマ大統領による4月のアジア歴訪に韓国訪問を組み込むことと引き換えに、対日関係改善を要求。安倍首相が譲歩した形を示した以上、ボールは韓国側にあるのは明白だった。

韓国世論も会談実現に圧力を強めていた。韓国ギャラップ社が18日に発表した世論調査では、日韓関係を改善すべきだとしたのは75%。現段階での首脳会談実現にも「必要」(52%)が「不要」(40%)を上回った。

つまり、朴氏の外堀は完全に埋められたというわけだ。11日に放映された米CNNのインタビューでは「(日本の)歴史認識問題は根本的に信頼関係を損なう」と語っていた朴氏のはらわたは、煮えくりかえっているに違いない。
--------------------------------------------------------


安倍首相の真意がどこにあるのかは不明である。

今のところ見直す事は考えていないが、作成過程を検証した結果、問題があれば何らかの措置をとるのか?

首脳会談とオバマのアジア歴訪が終わった後に、あの時点では見直すつもりはなかったが、大きな問題があった為、朝日新聞社長と河野洋平氏、福島瑞穂氏の証人喚問を行い、最終的には撤回する。

これが現時点で考えられるベストなシナリオではないだろうか。

中韓の外交の特徴は、相手を批判しながら要求を突きつけ、言う事を聞かなければ云々するぞと脅しをかける。

ここで言う事を聞いてしまうとそれこそ相手の思う壺、更にエスカレートした要求を出し続けてくるのである。

だからこそ、中韓との外交で欠かせないのは、相手の要求を毅然とした態度で跳ね除け、更に相手を刺激する行為を重ねて行く。

例えば、国会での核武装議論、竹島単独提訴、閣僚による安定的な参拝、韓国産食品の輸入禁止、憲法9条の改正、武器輸出三原則の見直し、歴史教科書の改正…と日本の生存に必要な事ばかりだが、挙げればキリがない。

日朝・日ロ関係の改善も韓国は嫌がるだろう。

日本がひとつ譲歩すれば、韓国は2~3つ譲歩せよと言ってくる。

しかしそれ以上は譲歩せず、国際社会に日本は譲歩した事を猛アピールする。

そしてそれ以外の既成事実を積み重ねながら、一定の時間が経った後に一旦譲歩した案件をまた蒸し返す。

「3歩歩いて2歩下がる」作戦である。

実は安倍政権はこの作戦を採っているように見えるのだが、今回お慰安婦問題での譲歩は、韓国の捏造プロパガンダが加速する可能性考えると正直痛い。

オバマのアジア訪問の後に、安部首相が


大どんでん返し


をやってのける事を祈る。


最も邪魔なのは、公明党や民主党、自民党のリベラル、朝日新聞などの左巻き反日勢力である。

記事拡散にご協力お願いします。
ポチッとお願いします。

↓↓↓↓↓↓↓

tag : 韓国 嫌がる事

2014-03-20 21:30 : 韓国 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。