スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

シンガポールを見習うべき点は刑罰の重さである

記事拡散にご協力お願いします。
ポチッとお願いします。

↓↓↓↓↓↓↓


世界的にも比較的治安の良いとされるシンガポールだが、華僑が多く他民族国家でありながら、治安が良いのはどういうことだろうか?

シンガポールの治安は?
-----------------------------------------------------------------
東南アジアでも群を抜いて治安がいいと言われるシンガポール。個人的には、日本と同等、もしくはそれ以上に安全な国だと思います。
-----------------------------------------------------------------

まずは治安の良し悪しを決定付ける要素はいくつかあるが、物質的な豊かさ、国民の道徳観、刑罰の重さなどが挙げられるだろう。

まずは物質的な豊かさの指標である一人当たりのGDPを見ると、2013年度では世界8位、アジアでトップの54,775US$となっている。(日本は世界24位の38,491US$)

世界の一人当たりの名目GDP(USドル)ランキング

因みに2013年、治安世界ワースト1のホンジュラスは2,323US$の130位である。

海外旅行に危険な国は?世界一治安の悪い都市ランキング2013年版
-----------------------------------------------------------
サンペドロスーラでの2011年の殺人事件件数は1143件。

人口10万人あたり159人が殺されて亡くなっているという計算になる。

この殺人事件発生率はアメリカの平均都市の40倍である。

日本の殺人事件発生率はアメリカの10分の1であることから、サンペドロスーラでの殺人事件発生率は日本の400倍であることがわかる。

-----------------------------------------------------------

治安が悪い地域、国から裕福で善良な人々が脱出をはかり、治安が悪くなると犯罪の検挙率も下がる為、犯罪者が集まってくるという負のスパイラルにはまる。


次に国民の道徳観について考えてみるが、シンガポールは他民族・多宗教国家である。

民族構成は中国系(74.2%)、マレー系(13.3%)、インド系(9.1%)、その他(3.3%)であり、宗教は仏教、イスラム教、ヒンズー教、道教、キリスト教などが信仰されている。

中国・マレーシア・インド本国の犯罪状況や道徳観を考えると、取り立てて民族性が治安に影響を与えているとは考えにくい。

ましてや、日本のような単一民族国家でもない。

実はシンガポールで治安に影響を及ぼす最も大きな要素は刑罰の重さである。

平成17年3月
在シンガポール日本国大使館

-----------------------------------------------------------
2.拳銃発射=死刑! Arms Offences Act (Chapter 14)

Q: シンガポールでは武器を使用した強盗等に対してはかなり重い刑罰が科されると聞きましたが、本当でしょうか。

A: シンガポール政府は銃火器等を使用した強盗や脅迫等に対して大変厳しく対処しています。

このような犯罪に対しては死刑を含む重い刑罰が予定されています。

こうした行為はArms Offences Actで規制されていますが、同法では同行者に対しても刑罰を科すことができるとしていますので、日本人といえども注意が必要です。

7.ゴミのポイ捨ては高くつく Environmental Public Health Act (Chapter 95)

Q: シンガポールはゴミのポイ捨て等に対して厳しいと聞いていますが、具体的にはどのようなケースが問題になるのでしょうか。

A: ゴミのポイ捨てに関しては、Environmental Public Health Actが規制しており、例えば、食べ終わったお弁当の空き箱を道路などに捨てた場合や引っ越しのため要らなくなった家具を勝手に捨てた場合に同法が適用されることがあり、罰金もかなり高額となります。

罰金以外にも、常習者に対しては裁判所は無償の奉仕活動をするよう命令することができると規定されています。

10.まるで校則? Miscellaneous Offences (Public Order and Nuisance) Act (Chapter 184)

Q: シンガポールでは道路に唾を吐くと罰金と聞きましたが、本当でしょうか?自分の家の中なのに、ベランダで裸になっていたら罰金刑を受けたというニュースもありました。どのような行為が禁止されているのでしょうか。

A: Miscellaneous Offences Actでは、様々な迷惑行為を規制しています。質問にあった唾を吐く行為も同法により禁止されていますし、公共の場所から見える場所で裸になることも同法により禁止されています。

その他、同法はペットの飼い方、落書きの禁止、道路上で泥酔していた場合等、日常の細かい行為について規制し、違反者に対して罰金刑や禁固刑を科しています。

日本で許されている行為であっても同法により禁止されている場合がありますので旅行者等は要注意です。

11.マリファナ500グラム=死刑! Misuse of Drugs Act (Chapter 185)

Q: シンガポールは麻薬等の所持や使用に対して大変厳しいと聞いています。

旅行者であってもこのような法律の適用を受けるのでしょうか。

麻薬が合法化されている場所からシンガポールに入国した場合でも同様でしょうか。

A: シンガポール政府は麻薬等の薬物に対して大変厳しく対応しており、外国人や旅行者であっても例外ではありません。海外で場所によって合法化されている大麻等を使用しシンガポールに入国する場合、使用に関しては処罰の対象になりませんが、所持に関してはMisuse of Drugs Actの適用を受け厳しく処罰されます。

シンガポールに入国する際には麻薬等の所持は厳禁です。

13.シンガポールの刑法 The Penal Code (Chapter 224)

Q: シンガポールでは万引きでもすぐ禁固刑と聞きましたが本当ですか?

A: The Penal Codeは日本の刑法のようなものですが、日本に比べて格段に重い刑罰が予定されているものや、日本においては犯罪とならない行為(例えば同性愛など)を犯罪として定めている場合もあります。

万引行為は禁固刑及び罰金刑が予定されていますので、初犯であれば罰金刑となることが多い日本に比べて、重い刑罰が科せられることになります。

18.未成年者にも厳しい処罰 Children and Young Persons Act (Chapter 38)

Q: シンガポールにも日本と同じ様な少年法といった法律は存在しますか?また、内容はどのようになっているのでしょうか。

A: 未成年者の犯罪に関しては、Children and Young Persons Actに規定があります。同法では16歳未満の未成年が犯罪を犯した場合、日本の少年審判にあたるJuvenile Courtで手続を行うと規定しています。

日本よりも未成年者とされる年齢は低くなっていますので、たとえ日本では未成年とされる場合でも、シンガポールでは成人と同様に処罰されることになります。

-----------------------------------------------------------

つまり、シンガポールは性悪説に基づいて刑法が定められており、それによって善良な国民の生命、財産が護られているのである。

移民政策論者はよくシンガポールを引き合いが出すが、シンガポールの見習うべき点はそんなところではなく、刑罰の重さだろう。

日本は世界でも屈指の治安の良い国ではあるが、それでも詐欺などの財産犯の被害総額は年々増加の傾向にある。

2014y04m13d_214844425.jpg

平成24年度の財産犯の被害総額は1,956億に上り、この金が暴力団の資金源となり、新たな犯罪に結びついているのである。

最近の傾向では、金融商品の販売詐欺やオレオレ詐欺などが増加の傾向にあると言う。

因みに、消せるボールペンが最近かなり売れているようだが、これも契約書などの公文書の捏造に使われているようだ。

どんな便利な道具でも、使い方を誤れば犯罪に結びつくということの良い例である。

そして真面目に働く一般国民が騙され、犯罪者に財産を奪い取られて行くのである。


既に国内に不良外国人・不良日本人が蔓延る現状を考えれば、日本もシンガポールを見習い、刑罰を重くする必要があるのではないだろうか?

元々優れた道徳観を持つのがまともな日本人の特徴である。

犯罪など犯さない国民にとって、犯罪に対する刑の厳罰化は何のデメリットもない。

寧ろ犯罪が減って暮らしやすくなるのみである。


一部の悪質なマイノリティーの人権の為に、善良なマジョリティーの人権を奪っているのが今の日本である。

日本も刑罰を重くし、死刑もどんどん執行すべきである。

記事拡散にご協力お願いします。
ポチッとお願いします。

↓↓↓↓↓↓↓

tag : シンガポール 治安 移民 刑罰 宗教

2014-04-14 07:00 : シンガポール : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。