スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

在日ヤクザの重武装化の背景 ロケットランチャー押収

記事拡散にご協力お願いします。
ポチッとお願いします。

↓↓↓↓↓↓↓


一体どこで何に使うのかと聞きたくなるような重装備である。

「山口組系武器庫」からロケットランチャー砲弾4発、日本刀も押収
------------------------------------------------------------
昨年9月、大阪市生野区のマンションのトランクルームが暴力団の武器庫として使用され、ダイナマイトや大量の銃器が見つかった事件で、ほかにもロケットランチャーの砲弾4発や日本刀などを押収していたことが11日、大阪府警への取材で分かった。砲弾を発射する装置は見つかっていないという。

府警捜査4課は、指定暴力団山口組直系の極心連合会傘下「田口総業」会長、田口義洋被告(66)ら5人=銃刀法違反罪で起訴=を今月8日、火薬類取締法違反容疑などで送検し、捜査を終えた。

ロケットランチャーは携帯型の重火器で、戦車やヘリコプターなどへの攻撃に使われる。福岡県警が平成24年6月、特定危険指定暴力団工藤会関係者が契約していた北九州市内の倉庫を捜索した際、砲弾が装填(そうてん)された状態で押収された例がある。

生野区の武器庫からは、これまで拳銃7丁と実弾約600発、ダイナマイト21本が見つかっていた。

------------------------------------------------------------

2012年には北九州市で同様の押収があったように、年々ヤクザの重武装化が進んでいるようである。

ロケットランチャー

暴力団に詳しい方にお聞きします。 ロケット砲で武装する暴力団に警察は勝てますか...
------------------------------------------------------------
少なくとも福岡県警においては「戦う」ことはありえません。

工藤会による企業脅迫の発砲事件など
ほとんどが「未解決」で終了です。
福岡県警と暴力団は「仲間」です。

最近逮捕された福岡県警東署の癒着警官も氷山の一角です。
そもそも福岡県警の警察官は名前を聞いても名乗りませんから。
公務員なのに名乗らないんですよ。そして高圧的なタメ口。

大げさに聞こえるでしょうが、事実です。
試しに福岡県警本部に電話して
電話口の人間に名前を聞いてみて下さい。
高確率で「お宅に名乗る筋合いはない」と言われます。
(私は過去に何回も言われたことがあります。)

そのため、私は今、会社社長から脅迫を受けていますが福岡県なので
犯罪被害を報告することができなくて非常に困っています。

福岡県警は本当に最悪です。
パチンコ屋と暴力団と癒着することしか考えていません。

------------------------------------------------------------

警察も政治家も利権が絡み、ヤクザを本気で撲滅しようとは思っていない。

このヤクザの重武装化については、韓国による対日ゲリラ戦の準備であるという見方もある。

日本の有事民間防衛
------------------------------------------------------------
ところで在日の戦闘集団はどうなっているでしょう。
....警察庁は6日、2013年末時点での全国の暴力団構成員と準構成員は前年から4600人減少し、5万8600人となったと発表しました。

6万人を切ったのは初めてで、統計を取り始めた昭和33年以降で最少。
近年ではピークだった2004年の8万7000人から9年連続で減少しています。

警察庁幹部は「暴力団対策法のほかに暴力団排除条例が施行されるなど、経済的に苦しくなり脱落者が多い。中堅幹部でも離脱しているとの情報もある。しかし、企業活動の裏で暗躍していることもうかがわれ、今後も対策を進めたい」と強調しています。

警察庁によると、暴力団構成員は前年比3200人減の2万5600人で、準構成員は同1400人減の3万3000人となりました。国内最大の指定暴力団山口組は構成員のうち45.3%を占めており一極集中となっています。

韓国が棄民方針をくずさず、また在日がどっぷり在日特権につかって自主的に帰国をしないのであれば事態はこのまま最悪のパターンに進みます。各地の暴力団が武装化を進めているのはそれなりの覚悟があるということですね。

日本側も自衛隊を主体にテロゲリラ対策を急いでいます。機動戦闘車の配置が関西から始まったのも対策の一環ですね。

~中略~

民族紛争を抱える各国が民兵を重用するのは、この超法規性にあります。

正規にはできない汚れ役が一番の役目です。最後はうやむやとなります。戦時国際法に基づくとはいえ、正規軍でもない民間組織に交戦資格を付与し、裁判権と即決処理の権限まで付与するのはそれが目的です。

日本では自治体警察の構成に問題があって警察への権限の付与はまず無理でしょうね。
ウクライナでは警察占拠、銃撃戦も起きているようですが、日本では数年前から米軍横流しの武器弾薬の量の増大だけでなく重装備となっている可能性があると警告されています。

軽火器の量は1個師団以上にはなるだろうといわれていて、すでに現状では警察の対応能力にも疑問符がつくような状況です。
つい先日も、暴力団関係宅から10丁の拳銃と弾丸を押収という報道がありました。

------------------------------------------------------------

暴力団約6万人のうち、2万6千人程度は在日であり、有事の際にこの人数が国内で一斉にテロ活動に及んだ場合、陸上自衛隊14万人弱では到底国民の安全を守りきれるものではないと思う。


自衛隊のテロに備えた増員と民兵の組織化を有事に備えて真面目に検討する必要がありそうである。

記事拡散にご協力お願いします。
ポチッとお願いします。

↓↓↓↓↓↓↓

tag : 在日ヤクザ ロケットランチャー 重武装

2014-04-16 07:00 : 自衛隊 : コメント : 1 : トラックバック : 1 :
生活保護不正受給の反日勢力による恫喝 «  ホーム  » 日本の有効な防衛費は中国の1/4以下
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
帰国 青山繁晴
4月16日のアンカー、「ニュースDEズバリ!」のコーナーでは、青山氏が一際熱弁する姿があった。
2014-04-16 : 23:52 : 風林火山
コメントの投稿
非公開コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014-04-16 19:05 : : 編集
« next  ホーム  prev »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。