スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

韓国船沈没から学ぶべきこと

記事拡散にご協力お願いします。
ポチッとお願いします。

↓↓↓↓↓↓↓


東日本大震災時の日本人の譲り合いと自己犠牲の行動と、今回の韓国の沈没船に対する韓国民の行動を比較すると、非常事態が発生した時に、その国の民族性がよく発揮されるという事が良く分かる。

事件の経緯と韓国政府の対応については、先日の記事でアップした。

【国民を見殺しにするバカクネの無能ぶり】

さらに驚くべき情報が出てきているので紹介しよう。

客船事故悪用の詐欺横行=「金出せば救出」―韓国
---------------------------------------------------------------
【珍島時事】韓国南西部・珍島沖で起きた客船沈没事故の乗客家族や報道によると、子どもの生存を願う行方不明者家族の心理を悪用し、「金を出せば救出してあげる」と持ち掛ける詐欺が横行している。さらに、事故を利用した携帯メールによるハッキングも見つかった。

韓国通信社ニューシスによると、民間潜水業者の関係者と名乗る人物が行方不明者家族に接近し、「1億ウォン(約990万円)を出せば子供たちを船から救い出す」と誘う事例があったという。家族らは、こうした詐欺に引っ掛からないよう呼び掛け合っている。

---------------------------------------------------------------

以前からこのブログで朝鮮半島や中国などの儒教文明国家の民族性の特徴について説明しているが、その通りであると証明された。

【バカクネは異常な韓国人ではない 嘘は韓国民族の誇る文化である!】
---------------------------------------------------------------
中国の革命家「魯迅」は、守旧派との戦いに際して「水に落ちた犬を救ったばっかりに殺された人がいる。やはり水に落ちた犬を打たなければいけない」といっているが、弱肉強食の大陸の儒教文化らしさを感じる言葉である。

これは「助けた相手が恩を仇で返す事がある為、助けずに殺せ」という事だ。
つまり、恩を仇で返す事も中韓の文化なのである。


~中略~

では日本はどうかと言えば「敵に塩をおくる」という言葉があるように、敵に対しても時には慈悲深く、フェアな戦いを挑む文化である。

この言葉は戦国時代の殺るか殺られるかの時代に、長年敵対関係にあった「上杉謙信」と「武田信玄」にまつわる言葉である。

「信玄」の領地は海のない甲斐・信濃(山梨・長野)であった為、武蔵の「北条氏」と「駿河・遠江」の今川氏に経済封鎖を受けた信玄が、塩が不足して困り果てていたところに、謙信が塩を送って助けたという逸話があるのだ。

そして大東亜戦争の緒戦、マレー沖海戦で大日本帝国海軍航空隊は、イギリス海軍東洋艦隊を圧倒的な差で殲滅するのだが、雌雄が決すると、イギリス軍の護衛艦が生存者の救助にあたっている際に攻撃を中止し救助活動を見守ったのである。

さらにインドネシア、ジャワ島攻略戦では、アメリカ・イギリス・オランダ・オーストラリアの連合艦隊を破った帝国海軍は、轟沈されたイギリス艦の乗組員約800人を救助している。

つまり日本人は国際社会の中では、非常識的なほどにフェアでお人好しなのである。

---------------------------------------------------------------

我々日本人に必要なのは、己と相手を良く知り、対外的にはどう振舞うべきか、国内の反日勢力にはどう対処すべきかを考えることである。

対韓国で言えば知日知韓と言うことだが、このどちらかでも欠けていると話が噛み合わなくなる。

先日、【国民を見殺しにするバカクネの無能ぶり】の記事をアップした際に、ツイッターで一方的に「バカ」・「アホ」・「男のクズ」・「自賛」などという罵倒を受けた。

主張に一貫性が無く、「感情的に攻撃している」などといいつつ、「感情が欠落している」などど批判するので始末が悪い。

最初から感情など入れずに冷静に分析して記事を書いているのだが、どうやら「ヘイトスピーチは法律で取り締まるべき」などとツイートしているところから見るに、あちら側の人、もしくは騙されている人のようだ。

自分は一方的に論理的な説明なく、散々罵詈雑言を浴びせておいて、差別撤廃を叫ぶやり方はまさにしばき隊と同じである。

今回の沈没船の事故で、朝鮮半島の民族性と国内の反日勢力の特徴が改めてよく理解出来た。

記事拡散にご協力お願いします。
ポチッとお願いします。

↓↓↓↓↓↓↓

追記

韓国人「救援物資を盗む人がいるようです」【韓国旅客船沈没事故】

現在、救援物資が全国的にあまりにも多く届いて置き場もなく、救援物資を常習的に盗んでいく方々がいるようです。
大企業から多くの支援をされているので小規模の団体は、救援物資を送らないで欲しいという連絡を受けました。

http://www.otonarisoku.com/archives/37650104.html

【韓国客船沈没】虚偽発言した民間女性ダイバーに赤坂・性悪ホステスの過去

kankokudiver.jpg

韓国民から大バッシングを受ける女性ダイバーの正体は?



韓国南西部の珍島沖で起きた客船事故。19日午前現在で、476人いた乗客の中で救助されたのは174人、行方不明者は273人、死亡者は29人となった。事故後、2日以上経ったいまでも多くの人が沈没した船の中に閉じこめられたままだ。救助が進むなか、民間のダイバーを自称する女性がテレビでこんな発言をした。

「外側から客室のなかの音がした。生存者がいるはず」

船内に残された人々がどのような状態にあるのか、まったく把握できていないなか、この報道は被害者家族だけでなく国中に希望をもたらした。続けて彼女は、「多くのダイバーが駆けつけたが協力させてもらえてない」「当局関係者に『適当に時間をつぶして帰れ』と言われた」と当局の対応のまずさについて発言。このニュースはSNSなどを通じて広く拡散され、多くのネットユーザーが「国は何をしている」と怒りのコメントを寄せた。

しかし、事故の現場では一部の記者のなかで、こんな声がでていたという。

「ホン・ガヘがなぜここに!?」

じつはこの民間ダイバーを自称するホン・ガヘという女性、業界の一部で「うそつき」として有名だったのだ。彼女はダイバーでもなんでもなく、もちろん発言内容もまったくのデタラメだった。

ホン・ガヘはK-POPアイドルにまつわる騒動も起こしてる。日本デビューも果たしているガールズグループTーaraをご存知だろうか。このT-araは現在、ほとんど活動できていない状態だが、その理由にはホン・ガヘが絡んでいるという。T-araは2012年頃、グループ内部で特定メンバーへの"いじめ"が深刻だという情報がネット上に流れ、一時活動を休止。その後、復帰したものの、かつてのような勢いは失ってしまった。じつは「いじめ情報」の内容のほとんどがホン・ガヘが流布したもので、その際、彼女はいじめを受けていたというメンバー・ファヨンの従姉妹だと偽わっていたのだ。

韓国メディアの報道によるとホン・ガヘは、「日本の赤坂で底辺の暮らしをしていた」が金銭的なトラブルを起こし、韓国に逃げ帰った。その後、自らを「作詞家」と偽り1億円もの金を騙し取り、詐欺罪で捜査された過去もある。ある野球選手の子供を「身ごもった」と吹聴し、騒ぎを起こしたことも。そのためホン・ガヘは芸能やスポーツ関係の記者たちのあいだでは名の知れた存在だったのだ。

数々の嘘を重ねてきた彼女だが、多くの人命がかかわる事件での嘘は韓国全国民の怒りを買ってしまった。一般人であるにも関わらず、スポーツ紙などでは彼女の本名を含めて素性を詳細に記した報道もなされている。

日本でも少し前、"偽音楽家"が問題になったが、どんな国にもこういったお騒がせ人間はいるようだ。

tag : バカクネ 韓国船沈没 儒教 民族性

2014-04-19 09:00 : 韓国 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。