スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

美味しんぼの鼻血ネタが早速反原発運動に使われる

記事拡散にご協力お願いします。
ポチッとお願いします。

↓↓↓↓↓↓↓


事の経緯は以下の通りである。

62b40c4b.jpg

「美味しんぼ」の鼻血描写騒動を福島原発作業員に聞いた by久田将義
----------------------------------------------------------
4月28日発売『ビッグコミックスピリッツ』掲載の長寿グルメ漫画『美味しんぼ』が、「炎上」している。

福島取材から帰った主人公・山岡士郎が鼻血を出したという一コマが問題となっている。

漫画では、その後、医者に診てもらい、鼻血と今回の取材(で被爆した件)とは関係がないと診断。

「うっかり関連づけたら大変」というようなセリフを原作者の雁屋哲氏は山岡に言わせている。

では、今回山岡が取材し、恐らく被爆したであろう放射線と鼻血が関係ないのだとすればなぜ鼻血のシーンを入れたのであろうか。

関係がないのなら入れる必要がないのではないか。
ムダなコマである。

入れる必要がないコマをわざわざ入れた事で福島県民の不安を煽るように見えたと言われても仕方あるまい。

関係がないのなら絵でなくてセリフで言わせればよい。


では、なぜ問題となってしまったコマを入れたのであろうか。

雁屋氏は、元双葉町長井戸川氏を漫画に登場させており、氏の「誰も言っていないだけで鼻血を出している人もいる」という主旨の発言を掲載。

恐らく、この言葉が雁屋氏にはショッキングだったのだろう。

そこで放射線の怖さを訴えたくて、どうしても鼻血のシーンを入れたかったのだと推測する。

要するに「鼻血のシーンありき」だったのではないのだろうか。

とは言え、山岡が被爆した場合は晩発性の為、急に鼻血が出る訳ではない。

医者のシーンは、それらのエクスキューズとして入れたのではないか。

前述した、雁屋氏がショックを受けたであろう、井戸川元町長の「誰も知らないだけで鼻血を出している人はいる」についてだが、僕が早速、双葉郡出身の現役作業員(つまり被災者)二人に聞いたところ、一人は苦笑しながら「鼻血が出ている人なんか聞いた事ないですね」と言い、もう一人は明らかにムッとしながら「何ですか、その漫画。

周囲に鼻血とか出ている人間は一人もいませんよ」と答えた。

雁屋氏はどのような「取材」をしたのだろうか。

井戸川元町長の言葉があまりにショッキングだったので、読者に放射性の危険を訴えたくてあのようなシーンを入れたのだとすれば、取材範囲が余りにも狭いのではないか。

確かに、僕も被災者・作業員たち全員に聞いた訳ではない。

しかし、二年半ながら、原発作業員・被災者に取材してきた。鼻血が出ているかどうか、メールや電話で確認をすればすぐに、井戸川元町長の言っている事に「?」が付く。

仮に井戸川元町長の周りにそのような人がいたとしても、放射線との因果関係は解明していないし、僕の取材相手のように「周りには一人もいません」という答えを返してくる人もいたはずである(というより、福島県民の大部分の人がそういう答えをするのではないかと推測するのだが......)。

ただ、今回の『美味しんぼ』に対する行き過ぎた批判、つまり回収せよとか絶版にせよといったものには反対だ。言論の自由(表現の自由)とは極論すれば「何を言ってもいい」のである。

しかし、「何を批判・反論してもいい」と思うからである。雁屋氏の正式な見解を待ちたい。

----------------------------------------------------------

双葉住民「周囲にはいない」 美味しんぼ“鼻血”に批判
----------------------------------------------------------
小学館の漫画誌「週刊ビッグコミックスピリッツ」の28日発売号に掲載された人気漫画「美味(おい)しんぼ」の中に、東京電力福島第1原発を訪れた主人公らが原因不明の鼻血を出す場面があり、同誌編集部に「風評被害を助長する内容ではないか」などとする批判が相次いで寄せられていることが29日までに分かった。

双葉町からいわき市の仮設住宅に避難する直売所経営松本正道さん(50)は「原発事故以降、双葉町には何度も入っているが、鼻血や体のだるさを覚えたことはないし、周囲でそのようなことを訴えている人もいない」と指摘。

「多くの人が読む有名な漫画だからこそ、原因がはっきりしないことを書いてしまえば、あたかもそれが真実なのだと誤解される恐れがある。一町民として、極めて遺憾に思う」と批判した。

また、福島市の派遣社員羽田利秋さん(64)は「作者は県民の意識をよく理解していない。安易な取材で、このような表現をしてほしくない」と憤った。

(2014年4月30日 福島民友ニュース)

----------------------------------------------------------

全く以って医学的には原発とは関係のない疲労感と鼻血を、あたかも読者に原発の影響と感じさせるような描写を故意に行っているのは間違いない。

誰でも40歳を越えてくる辺りから、疲れやすくなったり、どこか具合が悪くなったりするものである。
そんなの当たり前である。

60歳を越えている親族を見ていると、皆一様にあちこちにガタが来てポンコツである。

私も肩が凝りやすくなったり、胃がもたれ易くなったり、記憶力が著しく低下したりと挙げればキリが無い。

因みに人間ドッグでは血圧が高いとの事であるが、ガンなどは発見された事はない。

それでも加齢や、日頃の運動不足、不摂生が蓄積などで具合が悪くなってくるのは生物である以上、当たり前なのである。

それよりも、人間の体に変調をきたす最大の要因が、ストレスである事を覚えておかねばならない。

「病は気から」という言葉があるが、よもやこの言葉を疑う者はいないだろう。

免疫力を弱めるストレス
-------------------------------------------------------
ストレスと抵抗力
現在はストレスの時代ともいわれる。

長引く不況やリストラ、学校や職場の人間関係などが原因のさまざまなストレスが、ガンや病原菌から身を守る免疫機構に強い影響を及ぼすことが最近の研究で判ってきた。

「病は気から」という昔からの格言が科学的に裏付けられたかたち。

明るく、くよくよしない生きかたが大切なようだ。

-------------------------------------------------------

つまり、雁屋哲氏がやっている事は結果として、福島で復興の為に尽力する人々に、医学的根拠の無い放射能の恐怖を植え付け、そして風評被害を拡大させる事で経済的にも追い詰め、ストレスを蓄積させて寿命を縮めていると言えるのだ。

「心配は身の毒」「百病は気から起こる」「万の病は心から病は気から」「笑う門には福来たる」「和気財を生ず」「笑って損した者なし」など、これだけ似たような言葉があるのだから、雁屋哲氏のメンタリティーは日本人のそれではないのだろう。

しかも、これだけ根拠の無さを指摘され、批判を浴びている漫画のシーンを、反原発運動に使っている者達がいる。

76358581.jpg

雁屋哲氏同様にお里が知れる。

ノーベルが聞いて呆れるレベルだが、強いて相応しい賞を与えるならば、捏造煽動賞位だろう。

記事拡散にご協力お願いします。
ポチッとお願いします。

↓↓↓↓↓↓↓

tag : 美味しんぼ ノーベル平和賞

2014-05-04 07:00 : 原発問題 : コメント : 2 : トラックバック : 1 :
日本劣勢のプロパガンダ戦  «  ホーム  » 外国人労働者は麻薬のようなもの
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
正社員を金銭解雇しようとする政府
安倍政権はその「聖域」に手をつけようとしている。その案のひとつが、正社員に退職金以外のお金を支払って解雇できるようにする「金銭解雇」だ。
2014-05-04 : 22:50 : 維新政党・新風は害国人を追い出します!
コメントの投稿
非公開コメント

小次郎さん

福島の風評被害はあと2,3年したら結果が出ますので、今の時点でわたしは何とも言えませんけど、脅しはダメですよね~。

病は気からって言いますけど、たった一度の人生!悔いなく生きるのが一番ですね。自分の心に嘘をつかないで言うべき事は言う!(笑)
ええかっこしない!バカにされてもええやん!誰かの言う事を鵜呑みにして思考停止せずに色んな角度から物事を見るって大事ですね!

クリック○
2014-05-04 22:49 : ゆうき URL : 編集
Re: タイトルなし

「たった一度の人生!悔いなく生きる」これが全てなんじゃないかと思いますね。

何を信じて、何の為に命を使うのか。

どうせ40年以内には、ほぼ加齢で死ぬでしょうから。

もっと早く死ぬかもしれませんが、死ぬまでに何が出来るかでしょうね。
2014-05-05 00:18 : 桂小次郎 URL : 編集
« next  ホーム  prev »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。