スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

今こそフィリピン・ベトナムの期待に応えよ!

記事拡散にご協力お願いします。
ポチッとお願いします。

↓↓↓↓↓↓↓


フィリピン・ベトナムが中国に対して実力行使をも辞さない態度を見せている。

南シナ海で中越艦船が衝突 石油掘削めぐり、数人けが
-------------------------------------------------------------
【北京=川越一】AP通信によると、中国が石油掘削を始めた南シナ海のパラセル(中国名・西沙)諸島近くの海域で7日、掘削を阻止するために派遣されたベトナム艦船に中国艦船が衝突、放水した。銃撃などはなかったが、ベトナム側の船員数人が負傷、数隻が損傷した。同国側は「中国船が体当たりをやめなければ報復する」としている。

 同諸島付近の実効支配を強める中国の海上安全当局は3日、一方的に掘削活動の実施を発表。掘削地点から半径3マイル(約4.8キロ)以内への外国船の進入を禁じることも通告していた。

 ベトナム側は問題の海域が自国の排他的経済水域であるとして反発。中国側による掘削施設の建設を阻止するため、軍艦と武装した海上保安船など約30隻を現場海域に送ったところ、掘削装置を護衛するため派遣されていた、ベトナム側を超える数の中国艦船と衝突したもようだ。

 中国外務省の華春瑩報道官は7日の記者会見で、同諸島を中国固有の領土とした上で「ベトナム側は中国企業の正常な作業を妨害している。国際法などに違反し、中国の主権と管轄権を侵犯している」と掘削を正当化した。

-------------------------------------------------------------

比、中国漁船を拿捕…ウミガメ350匹積む
-------------------------------------------------------------
【北京=牧野田亨】中国外務省の華春瑩(フアチュンイン)副報道局長は7日の定例記者会見で、中国漁船1隻が南シナ海の南沙諸島でフィリピン側に拿捕(だほ)されたことを明らかにした。

 中国とフィリピンは南沙諸島の領有権を巡って激しく対立している。華副局長は「フィリピン側に抗議し、船と乗員の返還を求めた」と説明した上で、「二度と挑発的行動を取らないよう、改めて警告する」と述べた。中国は「海警局」の公船を現場海域に派遣しており、緊張が高まる可能性もある。

 ロイター通信によると、フィリピン海上警察の巡視船が6日朝、南沙諸島のハーフ・ムーン(中国名・半月)礁沖で中国漁船を発見。350匹のウミガメを積んでおり、違法操業の疑いがあるとして、船とともに中国人の乗員11人を連行した。

-------------------------------------------------------------

中国と両国の軍事費を比べてみれば、これがいかに厳しい選択か分かるだろう。

2014年中国…約1317億ドル
2011年ベトナム…24億ドル
2011年フィリピン…22億ドル

両国あわせても1/20にも満たない数値である。

米軍の干渉はあるにしても、自国の利益に関わらない部分では徹底的に不干渉なアメリカを、両国が信用しているとは思えないし、最も期待しているのは日本の援護射撃である事は間違いないだろう。

沖縄で日ASEAN会合 海上安保で連携強化
-------------------------------------------------------------
防衛省は18日、東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国との防衛次官級会合を沖縄県宜野湾(ぎのわん)市のホテルで開いた。会合は5回目で沖縄では初開催。海洋進出を活発化させている中国をにらみ、海上安全保障分野で協力を強化する方針で一致した。

 会合は防衛省の西正典事務次官が議長を務めた。海上安保を地域の共通課題と位置づけ、共同演習や人材育成を通じ各国の対処能力を高めることが必要との認識を確認。海上安保では警戒監視や情報収集が重要で、装備・技術で日本の協力に期待感が示された。

-------------------------------------------------------------

日本が中国に圧力を加える事を両国は期待しているだろうし、それは日本にとっても願ったりの戦略である。

既に中国は日本のEZZでの統治権を行使し、領海にも侵入しまくりである。

中国海警局の公船3隻、尖閣沖領海に一時侵入
-------------------------------------------------------------
第11管区海上保安本部(那覇市)によると、2日午前11時30分頃から同42分頃にかけ、沖縄県石垣市の尖閣諸島・久場島沖の領海に中国海警局の公船3隻が相次いで侵入した。

いずれも約3時間後に領海を出た。3隻は同日午後7時現在、同諸島・南小島沖の接続水域(領海の外側約22キロ)内を航行している。中国公船の領海侵入は4月29日以来。

-------------------------------------------------------------

尖閣から中国を徹底的に追い出す為に、実力行使をも辞さない構えで圧力を加えなければ、日本は東南アジアの信用を失うだろう。

記事拡散にご協力お願いします。
ポチッとお願いします。

↓↓↓↓↓↓↓
2014-05-08 07:00 : 中国 : コメント : 2 : トラックバック : 1 :
韓国戦闘機 誤射を隠蔽 «  ホーム  » 諸悪の根源は行き過ぎた文民統制
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
GHQによる洗脳・安倍信者について
自尊心を保つためだけに懐国に加担している 彼らは矛盾をごまかし続けながら、今日もあなたの前に現れるだろう
2014-05-08 : 14:42 : 維新政党・新風は害国人を追い出します!
コメントの投稿
非公開コメント

現場の方には頭の下がる思いで、無関心で居ては失礼や思ってます。

ランキングクリック!
2014-05-08 22:59 : ゆうき URL : 編集
毎日の様に中国は侵犯して来てますが、段々日本人が慣らされて来ている気がします。
2014-05-08 23:48 : 桂小次郎 URL : 編集
« next  ホーム  prev »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。