スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

吉田調書を公開せよ 福島第一原発 

記事拡散にご協力を!
ググって来た方も、ポチッとお願いしますm(_ _)m

↓↓↓↓↓↓↓


福島第一の原発所員、命令違反し撤退 吉田調書で判明
--------------------------------------------------------------------
東京電力福島第一原発所長で事故対応の責任者だった吉田昌郎(まさお)氏(2013年死去)が、政府事故調査・検証委員会の調べに答えた「聴取結果書」(吉田調書)を朝日新聞は入手した。

それによると、東日本大震災4日後の11年3月15日朝、第一原発にいた所員の9割にあたる約650人が吉田氏の待機命令に違反し、10キロ南の福島第二原発へ撤退していた。

その後、放射線量は急上昇しており、事故対応が不十分になった可能性がある。

東電はこの命令違反による現場離脱を3年以上伏せてきた。

--------------------------------------------------------------------

9割が命令違反し、勝手に逃げたとあればこれは言語道断の大問題だが、東電ならば充分有り得る話である。

前向きな見方をするのであれば、現場のリーダーだった吉田昌郎が武士道精神を持ち、残りの一割がそれに従った為、既成の被害に抑えられたとも言えるのだが、自分が福島第一原発の職員だったらどうしていたかを想像してみて欲しい。

自衛官や消防隊員など、日頃から他者の為に命をかけて働く人、それ以外の仕事についている人では違った答えが返ってくるだろう。

しかし、客商売をしている人、部下を預かる立場にある人ならば、火災や地震など、命の危険に晒された時の覚悟は必要である。

客を逃がし、部下を逃がし、最後に自分が逃げる。

言い換えれば、死ぬ順番はその逆で、自分が優先的に犠牲にならなければならないのだ。

当然ながら、自分も安全に避難するに越した事は無いが、それは周りの状況に左右されるのだから、覚悟がなければ最悪の結末を迎える事になるのである。

散々言われている事だが、東電は原発の安全性を過信し、万一の事態に備えた教育を怠っていた。

基本的な考え方を理解していない従業員達は、争うようにわれ先へと逃げたのだろう。

皮肉な事だが、この様な個人主義を後押ししてきたのは、他でもない朝日新聞であり、左翼である。

他人の為に自分の命を投げ出す武士の精神や、大和魂を毛嫌いする朝日が何を言い出すか?と言いたいところである。

繰り返すが、武士道精神を持ったリーダーと、残りの一割がその個人主義に侵されていなかった為、既成の被害で食い止められたのである。

しかしながら原発の再稼動は、日本の経済、安全保障を考える上で必須なのだから、もはや吉田調書を隠し続けるのではなく、全て公開し、正すべき点は徹底的に正さなければならない。

公開する事に関しては同意する。

それが過去から学ぶと言う事だろう。

より安全な原発を運用する為には国営化も検討し、自衛官のように今後は職員の思想や信条も調査すべきなのではないか?

反日分子が入り込んでは、安全なものも危険になるのだから。

記事拡散にご協力を!
ググって来た方も、ポチッとお願いしますm(_ _)m

↓↓↓↓↓↓↓

tag : 朝日 吉田調書 福島第一原発

2014-05-21 07:00 : 原発問題 : コメント : 2 : トラックバック : 1 :
ASKAとパソナと創価学会 «  ホーム  » 集団的自衛権とアジアのリバランス
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ふざけるなアメ公!男として恥を知れ!
このね、悲惨な歴史を背負っているのが今の日本なんです! みんな忘れてるこれを! アメリカ軍はこのように日本の女性たちを性奴隷にしておきながらその一方で 日本人は朝鮮人の女性を性奴隷にしたなん言ってね 非難するんですよ!
2014-05-21 : 12:06 : 維新政党・新風は害国人を追い出します!
コメントの投稿
非公開コメント

福島第一原発の警備システムの一部にイスラエルの会社が入ってるそうです。イスラエルってロスチャが建てた国ですから、工作員を送り込んできたのではないでしょうか?

それも震災の1年前からです。

ロス茶は震災前に東電株を売却して大儲けしてました。

すでに反日分子は入り込んでるのは間違いないです。

メディアは沈黙してますけど。

ランキングクリック!

2014-05-21 23:55 : ゆうき URL : 編集
政府は原発運営に関してもっと真面目に考えないと、本当に安全な原発は実現しませんね。
2014-05-23 00:30 : 桂小次郎 URL : 編集
« next  ホーム  prev »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。