スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

櫻井よしこのヘイトスピーチ批判

記事拡散にご協力お願いします。
ポチッとお願いします。

↓↓↓↓↓↓↓


櫻井よしこはかねてから移民の推進とヘイトスピーチ批判を行っているが、彼女の主張は全く実現不可能な絵空事である。

20140821.jpg


先日、それを証明するような未来の日本のスタンダードになりそうな事件が起きた。

詐欺ほう助の疑い 靴会社役員を再逮捕 長田署など
---------------------------------------------------------------------------
 従業員の生活保護費不正受給を手助けしたとして、兵庫県警組織犯罪対策課と長田署は20日、詐欺ほう助の疑いで、神戸市長田区の靴製造業グリーンシューズ役員、金安喜容疑者(70)=別の詐欺ほう助罪で起訴=を再逮捕した。

 再逮捕容疑は昨年11月、ベトナム国籍の従業員ボ・ティ・ツイ・ハン容疑者(48)=同区、詐欺の疑いで同日逮捕=の求めに応じ、実際は二十数万円だった給与を約2万円と過少に記した明細書を渡し、ボ容疑者が生活保護費を不正受給するのを助けた疑い。

 同社では15人ほどのベトナム人が勤務。金容疑者は同種事件で起訴されており、県警は安くて熟練した労働力を囲い込むため、従業員の不正に加担したとみて調べている。

---------------------------------------------------------------------------

これこそ負の連鎖、まさに在日外国人による在日外国人の為の犯罪である。


では櫻井よしこのヘイトスピーチ批判の根拠を見てみよう。

櫻井よしこ氏 ヘイトスピーチは日本人の誇りの欠如が原因
---------------------------------------------------------------------------
政府が年間20万人の外国人労働者の受け入れを検討し始めた。

外国人が日本社会にうまく溶け込むには、この国の文化や習慣を理解し、「日本らしさ」の価値観を共有してもらうことが不可欠だ。

櫻井よしこ氏は「そのためには、まず日本人こそが変わらなくてはならない」と指摘する。

---------------------------------------------------------------------------

彼女の主張の論旨は以下の通り

1.皇室の歴史、それを支える宗教観や文化、暮らしのあり方、伝統をはじめ、日本の国の成り立ちを我々日本人が理解し、誇りを持たなくてはならない。日本人が持つ親切心や思いやり、寛容さ、そして美徳を私たちもしっかり身に付けておくことが必要である。それが日本人らしさである。

2.在日韓国人や在日朝鮮人に対するヘイトスピーチが問題になっている。これは残念ながら日本人としての誇りや道徳が欠如している事が原因である。

3.外国人を受け入れる日本人の側には、日本人らしさを発揮して「外国から来た人に幸せになってほしい」「充実した良い生活を送ってほしい」という気持ちを持つべきである。さすれば日本人の日本人らしさに感化された外国人は日本人らしさを身に付けることが出来るので問題ない。

つまり、不良外国人が増えているのは

日本人が悪い!

と言っているのである。


彼女の主張の1.には同意するが、そこから先は全くの妄言である。

まだまだ日本人の中には充分に日本人らしいも多く、ヘイトスピーチをしている人たちこそ、「日本人らしさ」をよく理解している。

海外の例を見れば、移民が移住先の文化や宗教を受け入れずに、自分達だけのコミュニティーや文化をゴリ押ししている事などはもはや周知の事実となっている。

特に日本ではアメリカにおける中国人、韓国人の問題が報道されているが、他の民族も同様である。

おまけに櫻井はこう続けている。
---------------------------------------------------------------------------
地方では、フィリピンなどから来た花嫁がうまく地域に溶け込んでいるケースが少なくないと聞きます。

もちろん、なかにはうまくいかない事例もあると思いますが、むしろ地方のほうがしっかりと自分を守りつつ、外国人を受け入れているように思います。

それは言葉、食べ物、風習、そして宗教や教育も、都市より地方のほうがより濃密に「日本らしさ」を保っているからではないでしょうか。

---------------------------------------------------------------------------

もはや寝言は寝てから言えと言いたくなるレベルである。

過去記事【フィリピン人の花嫁の実態】

このような事実を櫻井よしこが知らぬとも思えない。

ある方面に関しては理路整然と持論を展開する櫻井よしこの事であるから、よもや外国人を日本の文化に染め上げる事が不可能であるのは理解している筈だ。

にも関わらず、かような言説を展開するという事は、櫻井よしこは・・・・

「日本人が悪い」と国民を騙し、本来の日本人を貶めようとする反日左翼以上に国民にとっての害であると言わざるを得ない。

記事拡散にご協力お願いします。
ポチッとお願いします。

↓↓↓↓↓↓↓
2014-08-21 07:30 : 移民 : コメント : 3 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

東京都八王子市の激しい韓国化を叩き潰そう!その3
【東京都八王子市の帰化在日韓国人職員と創価学会員職員は、文部科学大臣下村博文の平成25年6月下旬公用文統一指示[韓国式交ぜ書き「子ども」やめて「子供」へ統一]をガン無視し、韓国式交ぜ書き「子ども」を強制することをやめていただきたい!】
=====

&台東区の清水です

#####
東京都八王子市の帰化在日韓国人職員、創価学会員職員、バカサヨ日本人職員は、

・韓国人が好む韓国語「総合政策」「都市戦略」「自治推進」「戦略」「自治」を遣い、まず、市長室広報広聴課を乗っ取り総合政策部都市戦略室へ改組改称し市役所の筆頭部課室とし帰化在日韓国人職員[創価学会員職員を含む]を常駐させ、その後、都市戦略部[都市戦略課、自治推進課、秘書課、広報課]へ改組改称し都市戦略部都市戦略課と都市戦略部自治推進課を市役所の筆頭第1部課室と筆頭第2部課室とし帰化在日韓国人職員[創価学会員職員を含む]を常駐させ、八王子市民[=日本国民]、八王子市議会、八王子市役所その他部課室、日本国の憲法諸法令をガン無視し、帰化未帰化在日韓国人と創価学会員のための条例案、予算案、政策などを作成しています。

・都市戦略部の都市戦略課と自治推進課は、帰化在日韓国人職員と[創価学会員職員が常駐する一体化組織で電話番号もFAX番号も職員も同じです。

・市民活動推進部多文化共生推進課[=他文化強制推進課=韓国文化強制推進課]を設置し帰化在日韓国人職員と創価学会員職員を常駐させ、帰化未帰化在日韓国人が韓国人共産シナ人の移民と外国人労働者を日本国へ大量に呼び込み日本国を人口構成上乗っ取らせる工作をしています。

・左翼思想[=韓国思想]を死守することに必死ですし、日本国の憲法、法令、伝統文化、慣習、習慣、ルールを守る気持ちがサラサラありません。

・文部科学大臣下村博文の平成25年6月下旬公用文統一指示[韓国式交ぜ書き「子ども」やめて「子供」へ統一]をガン無視し、公文書、公用文、広報紙、掲示物、HP、市役所部署名などで韓国式交ぜ書き「子ども」を徹底強制しています。それに、とんでもないことに、八王子市役所へ持ち込まれた八王子市職員以外の日本人が作成した文書の「子供」さえも、韓国式交ぜ書き「子ども」へ職権で書き直しています。

・韓国人が好む韓国語
「総合政策」
「都市戦略」
「自治推進」
「戦略」
「自治」
「未来」
「グローバル化(=韓国化・共産シナ化=ポーランド系チェコ系米国ユダヤ人化=韓国化、韓国人共産シナ人の移民と外国人労働者を日本国へ大量に呼び込み日本国を人口構成上乗っ取らせること)」
「多文化共生(=他文化強制=韓国文化強制=韓国人共産シナ人の移民と外国人労働者を日本国へ大量に呼び込み日本国を人口構成上乗っ取らせること)」
を多用しています。

・漢字を理解することができない韓国人が好む日本語平仮名書き多用しています。

・韓国南部民が韓国北部民へ抗議するときに使用する韓国語「差別」を連呼しています。

・広報紙『広報はちおうじ』などの日本国地方行政体の言論空間を違憲使用して、韓国・帰化未帰化在日韓国人・韓国文化(韓国捏造文化)、多文化共生[=多文化強制=韓国文化強制]、グローバル化[=韓国化・共産シナ化=ポーランド系チェコ系米国ユダヤ人化]、[韓国式]男女共同参画事業[=離婚促進による日本人家族制度の破壊、夫婦別姓(姓名韓国人化)、戸籍制度廃止、女子売春促進]、韓国式交ぜ書き「子ども」などを韓国式ステマし、日本人B層を誤誘導しています。
#####

東京都八王子の帰化在日韓国人職員、創価学会員職員、バカサヨ日本人職員は、
文部科学大臣下村博文の平成25年6月下旬公用文統一指示[韓国式交ぜ書き「子ども」やめて「子供」へ統一]をガン無視し、
・公文書、公用文、広報紙、掲示物、HP、市役所部署名などで韓国式交ぜ書き「子ども」を徹底強制していること
・八王子市役所へ持ち込まれた八王子市職員以外の日本人が作成した文書の「子供」さえも、韓国式交ぜ書き「子ども」へ職権で書き直していること
だけではあきたらず、
・八王子市内各所に韓国式交ぜ書き掲示物「子どもたちを見守ろう!」

八王子市は、
♥都市戦略部ならびに都市戦略部都市戦略課および都市戦略部自治推進課を廃止すること
♥市民活動推進部多文化共生推進課[=他文化強制推進課=韓国文化強制推進課]を廃止すること
♥文部科学大臣下村博文の平成25年6月下旬公用文統一指示[韓国式交ぜ書き「子ども」やめて「子供」へ統一]を遵守し韓国式交ぜ書き「子ども」やめて「子供」へ統一すること
♥韓国人が好む韓国語「市民」「総合政策」「都市戦略」「自治推進」「戦略」「自治」「未来」「グローバル化」「多文化共生(=他文化強制=韓国文化強制)」「政策経営」「企画」を使用しないこと
♥漢字を理解することができない韓国人が好む日本語平仮名書きを多用しないこと
♥韓国南部民が韓国北部民へ抗議するときに使用する韓国語「差別」を使用しないこと
♥帰化未帰化在日韓国人を含む非婚の一人の母子家庭を対象に保育料などの算定にあたって寡婦控除をみなし適用することをやめること
♥[韓国式]男女共同参画事業[=離婚促進による日本人家族制度の破壊、夫婦別姓(姓名韓国人化)、戸籍制度廃止、女子売春促進]、グローバル化[=韓国化・共産シナ化=ポーランド系チェコ系米国ユダヤ人化]、多文化共生[=他文化強制=韓国文化強制]をやめること
♥帰化未帰化在日の韓国人・北朝鮮人・共産シナ人の日本国籍を放棄させ、彼らの帰国事業を即時開始すること
♥広報紙『広報はちおうじ』などの日本国地方行政体の言論空間を違憲使用して、韓国・帰化未帰化在日韓国人・韓国文化(韓国捏造文化)、多文化共生[=多文化強制=韓国文化強制]、グローバル化[=韓国化・共産シナ化=ポーランド系チェコ系米国ユダヤ人化]、[韓国式]男女共同参画事業[=離婚促進による日本人家族制度の破壊、夫婦別姓(姓名韓国人化)、戸籍制度廃止、女子売春促進]、韓国式交ぜ書き「子ども」などを韓国式ステマしないこと
♥帰化在日韓国人職員と創価学会員職員を解雇し採用しないこと
を強く要求しましょう。

【抗議先】FAXや葉書52円で何回も抗議することも効果が大きいです。

〒192-8501東京都八王子市元本郷町3丁目24番1号
八王子市長 石森孝志(いしもり たかゆき)=自民 Tel042 620 7345/7228 Fax042 626 2663/626 3858

〒192-8501東京都八王子市元本郷町3丁目24番1号
八王子市都市戦略部長 Tel042 620 7335 Fax042 627 5939
八王子市都市戦略部都市戦略課長 Tel〃 Fax〃
八王子市都市戦略部自治推進課長 Tel〃 Fax〃
八王子市子ども児童部子どものしあわせ課長 Tel042 620 7391 Fax042 627 7776

〒192-8501東京都八王子市元本郷町3丁目24番1号
八王子市議会 Tel042 620 7311 Fax042 626 2458
議長小林信夫=公明
副議長福安徹=自民
自民10名
公明9名
共産5名
民主5名
社民・生活者ネ・市民自治3名
諸派3名

〒100-8959東京都千代田区霞が関3丁目2番2号
文部科学大臣 下村博文 Fax03 6734 3650
文部科学副大臣 櫻田義孝〃
文部科学副大臣 西川京子〃
文部科学大臣政務官上野通子〃
文部科学事務次官 山中伸一 Fax03 6734 3589

〒100-8916東京都千代田区霞が関1丁目2番2号
厚生労働大臣政務官 高鳥修一 Fax03 3595 3047
厚生労働事務次官 村木厚子 Fax〃

〒100-0013東京都千代田区霞が関1丁目1番1号
公安調査庁長官

〒100-0014東京都千代田区永田町2丁目3番1号
首相 安倍晋三 Fax03 3581 3883/5510 0654

〒100-8910東京都千代田区永田町1丁目11番23号
自民党政調会長 高市早苗 Fax03 5511 8855
自民党総裁特別補佐 萩生田光一(衆議院議員東京都第24選挙区=八王子市) Fax〃
自民党全員

〒160-8583東京都新宿区信濃町32番地
SGI副会長 池田正博[成正博ソン・ジョンパク]=在日韓国人
創価学会会長 原田稔
創価学会理事長 正木正明

160-0012東京都新宿区南元町17番地 公明党本部 Fax03 3225 0207
100-8962千代田区永田町2丁目1番1号参議院議員会館806号室 公明党代表 山口那津男 Fax03 6551 0806
2014-08-21 09:51 : 英美 URL : 編集
櫻井婆さんはフェイクライト(偽保守)の代表格ですからね。

今回のヘイトスピーチ騒動には、メディアがこれまで使ってきたフェイクライト(偽保守)のかなりの部分を動員・投入してたのにすこし驚きました。(橋下、舛添、高市)
フェイクライト(偽保守文化人)と言うのは本来、本当は保守でもないのに保守を装って、保守層の支持の力を利用して、左派の政治目標を実現するために、左派支配のメディアで起用された一種の職業的な騙し屋たちの事なので、今回はかなりキツイ使われ方だと思うんですよ。
「保守文化人達も規制賛成の側だ!」と強調してるつもりなんでしょうけど、こういう風に露骨な使い方をすると、フェイクライト自身にも、あとあとの使い道にかなり支障が出る。まあ元々そのために飼ってた使い捨ての人たちなんだけど、今回は一斉にカミングアウトさせて、預金を一気におろしちゃったみたいな感じですか。

ちなみに、ヘイトスピーチ(憎悪表現)と、ヘイトレジスレーション(憎悪立法)をめぐる歴史は、戦後ドイツが始まりです。今この国で起こってる事は、その日本版だと言っていいでしょう。
ドイツでも一気に法規制に踏み切るときは、普段保守を装わせていたフェイクライトのスリーパー達に、一斉にカミングアウトさせて賛成派に寝返らせる手法をとったのか、よく調べてみたいと思ってます。
2014-09-01 00:31 : 王将迷宮入り URL : 編集
Re:王将迷宮入りさん
主張する内容によっては非常に理路整然としているので性質が悪いですね。

これは、普通の人は簡単に騙されるんじゃないかと思います。
2014-09-02 23:08 : 桂小次郎 URL : 編集
« next  ホーム  prev »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。