スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

それでも傲慢な朝日新聞



ここまで窮地に立たされても朝日はまだ懲りていないようだ。

慰安婦報道で官公庁から取材拒否続出 朝日幹部対応メモ入手
----------------------------------------------------------------------------
朝日新聞をはじめ記者クラブに加盟する新聞・テレビは政府官公庁に記者を常駐させている。

しかし、朝日が過去の慰安婦記事を一部取り消したことで、「取材先から『国益を損ねた』と取材協力を拒否されるケースが続出した」(朝日記者)。

そこでこの夏、朝日の幹部らが一部の省庁幹部に対して検証記事の意図や事情などを説明して回った。

 本誌はその際に朝日幹部が説明した内容を某省がまとめたメモを入手した。

 それによると、検証記事をこのタイミングで掲載した理由として、「若手記者からの批判や不満が抑えきれなくなってきていたこと」や「社長らの国会への証人喚問の可能性もあり、それを避けたかったこと」などが挙げられた。

 さらに朝日幹部は、朝日を批判する新聞や雑誌など複数のメディアを挙げ、こういう内容の説明をした。

「誤報を認めた部分以外をメディアから攻撃されたら、朝日の紙面で反論するだけでなく、積極的に提訴する方針だ」

 その中で月刊誌『SAPIO』や産経新聞などを名指しして、「朝日が訴えたらそれらのメディアはひとたまりもないだろう。彼らは取材力が劣っているからだ」という主旨の発言があった。朝日の驕りと勘違いは救いようがない。

※週刊ポスト2014年10月3日号

----------------------------------------------------------------------------
慰安婦謝罪のタイミングについて、社長の証人喚問を避ける為とは性根が腐りきっている。

官公庁としても安易に取材を受けてしまっては事実を歪曲して報道されるリスクが生じる為、慰安婦捏造を巡っての取材拒否は正当性があるだろう。

先日、フリーアナウンサーの大野勢太郎氏が自身がのラジオ番組でこんな事を語っていた。

私自身、この方のイデオロギーには賛同しかねる部分もあるのだが、時々まともな事も言う方である。

「世論は新聞が作るんです」とかつてあるジャーナリストが言った。

これがどこの記者かは分からないが、朝日新聞やその記者達もそう思っていた事だろう。

朝日新聞はかつてない窮地に立たされている事は間違いない。

しかし、この期に及んで「彼らは取材力が劣っているからだ」などと言っているようだが、そもそも朝日に取材力があるのか?

任天堂に取材出来なかったのに取材したという事にして捏造記事を書いたのはどこの新聞社だったか。

彼らの言うところの取材力とは創作力の事である。

さっさと舞台から退場して欲しいところである。

tag : 傲慢 朝日新聞

2014-09-22 07:00 : マスコミ : コメント : 3 : トラックバック : 1 :
河野啓一 東大阪市議会副議長は議員辞職すべき «  ホーム  » 維新堺市議 北野礼が政務費を不正流用
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
朝日新聞 大検証スペシャル 言って委員会 【超・拡散希望】
9月21日の「そこまで言って委員会」は豪華ゲストを迎え、日本人必見の「朝日新聞 大検証!大激論!スペシャル!!」であった。
2014-09-22 : 12:49 : 風林火山
コメントの投稿
非公開コメント

桂小次郎さま

毛沢東の名言も、かつて日本侵略の工作指示書の中で、
以下の様に教示されています。ご参考まで。

【中国共産党】「日本解放第二期工作要綱」
B.工作主点の行動要領
第2.マスコミ工作

大衆の中から自然発生的に沸き上がってきた声を世論と読んだのは、遠い昔のことである。

次の時代には、新聞、雑誌が世論を作った。今日では、新聞、雑誌を含め所謂「マスコミ」は、世論造成の不可欠の道具に過ぎない。マスコミを支配する集団の意思が世論を作り上げるのである。

 偉大なる毛主席は

 「およそ政権を転覆しようとするものは、必ずまず世論を作り上げ、先ずイデオロギー面の活動を行う」

 と教えている。

 田中内閣成立までの日本解放(第一期)工作組は、事実でこの教えの正しさを証明した。日本の保守反動政府を幾重にも包囲して、我が国との国交正常化への道へと追い込んだのは日本のマスコミではない。日本のマスコミを支配下に置いた我が党の鉄の意志とたゆまざる不断の工作とが、これを生んだのである。

 日本の保守反動の元凶たちに、彼等自身を埋葬する墓穴を、彼等自らの手で掘らせたのは、第一期工作組員である。田中内閣成立以降の工作組の組員もまた、この輝かしい成果を継承して、更にこれを拡大して、日本解放の勝利を勝ち取らねばならない。

≪以下、省略≫
2014-09-22 12:55 : おっち URL : 編集
Re: おっち様
お人好しで人を疑う事を知らない大部分の日本人は欧米や特亜に騙されっぱなしです。

これほど他国からコントロールし易い民族は他にいないかも知れませんね。
2014-09-23 02:32 : 桂小次郎 URL : 編集
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2016-10-31 19:08 : : 編集
« next  ホーム  prev »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。