スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

藤島光雄 加賀山領治死刑囚 死刑執行に人権団体が抗議

ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。

↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ


死刑廃止を求める人権団体が「藤島光雄」・「加賀山領治」死刑囚の12日の死刑執行を受けて、抗議の記者会見を開いています。

<死刑執行>再審請求予定していた…人権団体など抗議の会見

国際人権団体「アムネスティ・インターナショナル日本」の若林秀樹事務局長は「今年を象徴する一字は『輪』だそうだが、今回の執行は死刑廃止の潮流にある世界の輪を乱すものだ」と批判しています。
また、NPO法人監獄人権センターの海渡雄一代表は「特定秘密保護法が成立してまだ1週間という時期に執行すること自体、死刑を維持しつつ厳罰をもって刑事司法を運用していくという政府の意思を表している」と話しています。

「輪」を乱す?

殺人者の存在は国内の「輪」を乱すどころじゃないですし、死刑執行廃止の世界潮流の「輪」を乱す方が全然良いです。

死刑を維持しつつ厳罰をもって刑事司法を運用していくという政府の意思ですか?

治安が良くなって一般市民は安心して生活出来ます。


この2人の死刑囚はどんな事件を起こしたのでしょうか?

藤島光雄」死刑囚

別の犯罪で執行猶予中だった藤島(当時27歳)は、1986年3月6日に内縁の妻に会う為に彼女の祖母の家に張り込んでいましたが、祖母に見つかってしまい、保護観察所に出頭していなかった為に、祖母に通報されれば執行猶予が取り消されると考えました。
そこで殺害を決意し、両手足を縛り浴槽に沈めてショック死させました。

更に帰って来た内縁の妻を連れ出し、キャバレーのホステスをやっていた彼女の客から金を脅し取ろうと、ラブホテルに呼び出し浴槽に沈めて殺害しています。


加賀山領治」死刑囚

「DDハウス事件の犯人」です。
2008年2月1日大阪市北区の阪急ビル(通称DDハウス)のトイレで、加賀山(当時58歳)は、強盗目的で会社員の男性をナイフで脅しました。
しかし、男性が応じずナイフで刺して殺害しました。
その後逃走するも、2月8日に警察に自首し、その取り調べの中で、2000年7月29日発生した殺人事件…24歳の女性のバッグを奪おうとした際に抵抗された為、ナイフで刺して殺害した時に残した血痕のDNAが今回の事件と一致しました。
そして加賀山は再逮捕となりました。

もうガクブルですよ…。

藤島死刑囚は6度目の再審請求をする予定で、上告審を担当した秋田一恵弁護士は「学校で落ちこぼれ、父も知らず、母と祖母から虐待を受けるという壮絶な人生を歩んだ彼の生い立ちは、執行にあたって考慮されたのだろうか」と語ったそうです。

考慮しても死刑でしょう?

それとも「学校で落ちこぼれ、父も知らず、母と祖母から虐待を受けるという壮絶な人生を歩んだ人」は殺人を犯しても仕方がない人なんですか?

それじゃ、善良は市民はそういう人がいたら殺人を犯す恐れがあるので、その前に検挙した方が良いと思うんじゃないでしょうか?

加賀山領治死刑囚も再審請求準備の為、死刑囚の支援基金に援助を申請したばかりだったそうです。


さて、2人の死刑確定から執行までの期間に差があり過ぎる事も問題になっています。

<死刑2人執行>確定からの期間に大差

藤島は18年半、加賀山は1年4ヶ月です。

確かに差があり過ぎますのでスピード執行を希望します。


それは何故か?

刑務所1人あたりの収容コストが年間263万も掛かるからです。(平成17年 埼玉県議会より)

勿論これは税金で賄われています。

判決確定前の拘置所のコストもさほど変わらないと思いますので、藤島には4,865万、加賀山には350万の税金が使われているのです。

「再審請求準備の為、死刑囚の支援基金に援助を申請」など、どこをどう考えれば同情の余地があると言うのでしょうか?


日本では殺人罪を犯しても無期懲役や懲役数十年となる事が多く、その囚人達を収監する為のコストが税金から支払われている事を考えると、殺人罪は無条件で死刑で良いのではないでしょうか?

殺意がなけれは傷害致死になりますし、殺人罪は明らかな殺意を持って人を殺したという犯罪ですから。


平成23年度版の「犯罪白書」によると、刑務所への入所受刑者人員に占める再犯での再入者の比率は56%という驚くべき数値となっています。

『社会生活上困難な事情を抱える刑務所出所者等が、社会における「居場所」や「出番」、すなわち、帰住先・就労先を見付けることや、薬物依存、高齢、障害等といった特定の問題を克服するための支援を行うことが急務と認識されてきた』と書いてあります。

しかし、善良な一般市民に再犯の確率が高い前科者を信用するのは無理があるんじゃないですか?

私には無理ですなぁ…。


あ、そうだ!

訳の分からん根拠で人権人権と叫ぶ方々、弁護士さん達が多いですかね。

それならあなた方が前科者を雇用してあげたら良いんじゃないですか?

そして彼らが更生出来なかった暁には、真っ先に被害者になって差し上げて下さいね!

応援お願いします。
↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

tag : 藤島光雄 加賀山領治 死刑執行 刑務所 コスト 一人当たり いくら

2013-12-12 22:18 : 日本人の精神性 : トラックバック : 0 :
« next  ホーム  prev »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。